topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サービス残業    - 2014.03.25 Tue

その昔、、、、

日本の会社で働いていると、、、
普通に残業代が支給されました。

管理職や一部の業種を除いては、ほぼ全ての会社で残業代が支払われていました。


ところが、、、、、、、、
もはや、残業代なんて、夢のまた夢という時代になってしまいました。

「名ばかり正社員」

この言葉が代表するように、身分だけ正社員に置き換えられた挙げ句、
一定レベル以上の管理職扱いにされ、
残業代の支払い対象から外された「正社員」が、サービス残業を押し付けられています。

自給計算してみたら、アルバイトの自給の半分以下だった、ということが横行しています。
特にサービス業でこの傾向が強いのですが、今後はあらゆる業界に広がって行くことでしょう。

今、、、、
企業経営者は、人件費を圧縮することしか頭にないと思います。

口では国際競争だと言っておきながら、他社と戦って勝ち残るよりも、
自社の内部のコストを切り下げる事で、利益を確保しようとしています。

今後は、、、、
若い人がどんどん採用されていくでしょう。
その反面、35歳以上の人は、どんどん切り捨てられて行くでしょう。

つまり、、、、
普通に就職して、普通に正社員として生きられるのは、、、
35歳までになる、ということです。

日本企業は、特に大手企業ほど、その傾向を強めて行きます。

35歳以上で正社員として残れる人は、、、、
管理職として残れる極一握りの人だけでしょう。

大半の人たちは、大手企業にいる限り、よっぽどのことが無い限り、今まで以上にリストラされていく時代に入ります。



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matsumotoyashiro.blog105.fc2.com/tb.php/992-cbb32196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大手を辞めた人の話 «  | BLOG TOP |  » ベースアップ   

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。