topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの凋落   - 2014.03.22 Sat

以前からずっと言われて来たことですが、いよいよアメリカの凋落が現実味を帯びて来たように思えます。

第二次世界大戦後、それまで世界の政治と経済の中心だったイギリスから、その座がアメリカに移り、70年になろうとしています。

これからはアジアの時代、、、
中国を中心とした世界になる、、、

というようなことが数年前から警告されるかのごとく、私たちの耳に入ってきました。

私は当初、その考え方に否定的でした。

確かに、アメリカの凋落の陰は感じつつも、、、、、
本当にアメリカが凋落するより先に、、、、、
そもそも、一党独裁の中国という国が内部から崩壊する方が先だと思っていたからです。

中国の体勢にも無理が生じて来ています。

しかし、アメリカの弱体ぶりは、今年に入ってから顕著になっているように思えます。


もはや、アメリカは以前のように軍事力を背景に、世界を我がもの顔で闊歩する気がないようです。もっとも、それをやろうとすると莫大なお金が掛かるわけで、これからはそんなことを続ける必要性がなくなった、ということなのです。

中東の石油に頼っていたアメリカが、自国内でシェールガス、シェールオイルを産出できるようになることが目前に迫って来た中、危険とお金を投じて、中東からのシーレーンを防衛する意味が無くなったのですから。


アメリカは、軍事力のラインを後方まで下げるでしょう。
アジアの防衛ラインの主力は、ハワイまで後退せざるを得ないでしょう。

となると、、、、、、、
日本は、戦後、長らく続いて来た「アメリカの核の傘」の下にいられなくなります。

そう、、、
傘が無くなる訳です。
傘がなくなったところに雨が降って来たらズブ濡れになります。
雨はいつ降ってくるか、わかりません。

アジアのパワーバランスが大きく変わろうとするスタートの年が、
2014年であるような気がしてなりません。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matsumotoyashiro.blog105.fc2.com/tb.php/989-4128636c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

原油価格      «  | BLOG TOP |  » 移民政策     

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。