topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移民政策      - 2014.03.21 Fri

世界には、移民政策によって人口を増やし、国内経済を活性化させることを国策としている国があります。

カナダもその代表的な国です。

よく、、、

「将来、海外移住をしたい」
「永住ビザが欲しい」

と考える人がいます。
私自身、カナダに実際に移住する前はそうでした。


移住するためには、その国の「永住ビザ」を取得しなければなりません。

この永住ビザの取得のハードルが年々高くなってきています。

それこそ、30年前、40年前だったら、とても簡単だったのですが、、、


それが、、、、
現在の世界の政治と経済の状況の悪化によって、
世界の国々は完全に「保護主義」に走っています。

アメリカはまさにそうです。
中国やロシアもそうであり、日本も同じです。

各国が進める保護主義の内容に違いはあるものの、
基本的には投資は歓迎するものの、外国人が住み着くことには難色を示します。

驚いたことに、比較的、移民政策に開放的なカナダが、ここに来て一気に移民政策の転換を始めました。

富裕層を対象にした投資移民という制度を2月に廃止してしまったのです。
このビザ制度は、中国人の富裕層が現時点で15万人も申請途中でありながら、すべて却下されるということです。

日本はもともと移民政策に対しては鎖国状態でしたから、日本人にとって移民政策はなじみが無いことなのですが、、、

しかし、、、、
その移民政策によって、カナダに移住し、カナダで暮らしている私としては、人ごとではないのです。

私はすでにカナダの永住ビザを取得していますが、、、、
だからと言って、油断はなりません。

保護主義が更に進むと、人種差別から人種弾圧に進みます。
それは、第二次世界大戦が始まる前の世界を振り返れば、如実に立証できます。

歴史は繰り返されると言いますが、、、、
果たしてこの先の未来がどうなるのか?

2014年はいろいろなことが一気に吹き出しそうな予感がします。



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matsumotoyashiro.blog105.fc2.com/tb.php/988-901fa5b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アメリカの凋落   «  | BLOG TOP |  » BC州       

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。