topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう!ケンケン  (ケンケンが与えてくれたチャンスその3) - 2011.02.15 Tue

9808014

==========================================================
この写真は: 1998年8月に撮影した写真をスキャンしたものです。
生後1年10ヶ月くらいのときでしょうか。
仔犬だったケンケンは、あっという間に成長していきました。
とにかく良く歩いて走って、そして良く寝ていました。
==========================================================

昨日のブログのつづきです。

ケンケンは14歳でしたので、妻は食事にとても気を遣いました。
全部、手作りの食事ですが、便通を良くするために、
繊維質の豊富な野菜を食べてもらうように、いろいろと工夫をしていました。

ケンケンは肉や魚が大好きです。
特に、鶏肉が大好物です。
鶏肉や魚を細かく刻んで、野菜も細かく刻んで、ご飯と一緒に食べさせていました。

ところが、12月中旬頃から、ケンケンは急激に食事を欲するようになりました。
私たちは、それがケンケンが元気な証だと思って、何も疑わず、何も心配しませんでした。

食事の量を少しだけ増やしましたが、しかし、ケンケンはもっと欲しがりました。

でも、今までと様子が異なっていました。
肉だけを食べたがるのです。

細かく刻んだ野菜は食べずに、ご飯も食べずに、肉だけを食べ続けたのです。
ケンケンは、野菜も好んで食べました。
特にかぼちゃは大好物でしたし、豆腐も納豆も好きでした。

それなのに、今までは野菜も肉もきれいに全部食べていたのに、
器の中から、肉だけを取り出して、肉しか食べませんでした。

肉は基本的に鶏肉しか与えませんでしたが、毎日与えていたわけではありませんでした。
冷蔵庫の中のケンケン用の鶏肉が無くなって、仕方なく豚肉を細かく刻んで与えました。

ケンケンは、ひたすら肉だけを食べていました。

思い出しますと、12月10日くらいから、こうした行動が始り、
食事の要求、肉の要求が激しくなっていきました。

そして、クリスマスから、まったく何も食べなくなりました。

「あんなに食欲があって元気だったのに、どうしたんだろう?」

私たちがケンケンの異変に気が付いたのは、クリスマス後です。
しかし、その時は、まだ普通に散歩していましたので、
便秘で苦しいのだろうと思い、肉は与えず、野菜中心の食事にしました。

しかし、ケンケンは何も食べませんでした。
仕方なく、肉を与えても、つい数日前までは喜んで食べていた肉なのに、
その肉も口にせず、何も食べませんでした。

・・・・・・・・・・
ケンケンは、自分の体に無理をさせたのだと思います。
動物は、人間には備わっていない特殊な本能があります。

生命を維持するために、食べて良いもの、悪いもの、その判断は
人間には無くとも、動物にはあると言われています。

ケンケンは、本当は知っていたのです。
肉を食べ続ければ、消化が悪くなり、消化器官が弱いために
体に負荷がかかるであろうことを。

すでに、癌によって消化器官の機能が劣っているところに、
肉だけを食べ続ければどうなるか?

たぶん・・・・
たぶんケンケンは分かっていたんです。

そうすることで自分の命が短くなることを・・
そうすることで死が訪れることを・・・



つづく





ケンケンは、本当に多くの方々から愛されてきました。
私と妻は、そのことを大変嬉しく思うと共に、
ケンケンを可愛がって下さった方々や、
ホームページを通して興味を抱いて下さった方々に、
今までのケンケンを、もっともっと知っていただきたく、
2011年1月8日から、ケンケンの写真を織り交ぜてお伝えしてまいります。



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matsumotoyashiro.blog105.fc2.com/tb.php/591-45bc9586
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ありがとう!ケンケン  (ケンケンが与えてくれたチャンスその4) «  | BLOG TOP |  » ありがとう!ケンケン  (ケンケンが与えてくれたチャンスその2)

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。