topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう!ケンケン  (ケンケンとドライブ) - 2011.02.01 Tue

9703001

(お詫び)
このブログは、私が勝手気ままに思うことを綴ってきました。暫くの間、内容を変えて書かせていただきます。


==========================================================
この写真は: 1997年3月 に撮影した写真をスキャンしたものです。
==========================================================

この写真は、1997年3月に撮影したものです。
ケンケンが生後5ヶ月くらいでしょうか。
ケンケンが我家の家族になって3ヶ月くらいのときです。

このとき、所用で群馬県の高崎に行く用事があり、ケンケンもいっしょに連れて行ったんです。

ケンケンは小さい子犬でしたから、いつも私が片手でヒョイッと抱えて
問答無用で車に乗せてしまいます。

ケンケンは車に乗ると、いつもいつも不安そうでした。
この写真でも分かるように、助手席の妻の膝の当たりで、不安気な表情を見せています。

車に乗ると、ケンケンが不安になってしまうのには理由がありました。

私たちにケンケンを授けてくれた、ご近所のKさん。
そのKさんの家で、ケンケンは生まれたのです。
そして、ケンケンを連れたKさんが、私を訪ねてきたときのお話は、
1月11日のブログでご紹介したとおりです。

http://matsumotoyashiro.blog105.fc2.com/blog-category-20.html


Kさんは、自宅の犬(ケンケンの親)が生んだ仔犬たちをダンボールに入れ、
車のトランクに乗せて、知り合いを訊ねまわっていたのです。

「誰か~ 犬いらない~?」

って、でも、すぐに貰い手が決まるわけがありません。
その日、貰い手が見つからなければ、ケンケンは他の兄弟たちといっしょに
Kさんの家に連れ戻されました。

そして、翌日また段ボール箱に入れられ、車のトランクに乗せられていく・・・
そしてまた、貰い手が見つからずに帰宅し、また翌日車に乗せられて・・・

こんなことを何度も繰り返したんでしょうね・・・
それでケンケンは、すっかり車に乗せられることに恐怖と寂しさを覚えるようになったのだろうと思います。

ケンケンが我家の家族になったその日から、ケンケンはすごく幸せそうでした。
私の横でいっしょに寝転がってテレビを見て、寝るときも同じ布団でいっしょに寝ていました。
ケンケンはすごく幸せだったんです。

ところが、車に乗せられると、すごく不安になるんです。

「どうして? ボクは捨てられちゃうの?」
「どうして? ボクは邪魔なの? もう要らないの?」
「お家に帰りたい! ねえ、帰ろうよ・・・」

いつも、そんな表情で私を見つめてきました。

「大丈夫!ケンケン。今日はドライブだよ!」

そう言って、私はケンケンを出来るだけ車に乗せるようにしました。

当時、私は冬のシーズンは週に2日間、スキー場に営業に行っていました。
勤務先の店からスキー場まで、車で片道2時間半ほどでした。

店を出ると、自宅に戻り、ケンケンを片手で抱き上げました。

「さあ!行くよ。今日はスキー場だよ」

私は助手席にケンケンを乗せてスキー場に向かいました。
ケンケンを車に乗せる回数をできるだけ多くしたせいで、
いつの頃からか、ケンケンは車に乗っても不安な表情をしなくなりました。

車に乗っても、必ず家に帰れるんだ!
ボクは家族として迎えられているんだ!

という安心感があったんでしょうね。

それからのケンケンは、車に乗るのが大好きになったんです。
とにかく車が大好き!
ドライブが大好き!

車に乗るときは、分かるんです。

「ケンケン! 今日はドライブだよ! 車に乗るよ!」

と言うと、本当に分かるんですよね。

明日は、そのお話を書きたいと思います。




ケンケンは、本当に多くの方々から愛されてきました。
私と妻は、そのことを大変嬉しく思うと共に、
ケンケンを可愛がって下さった方々や、
ホームページを通して興味を抱いて下さった方々に、
今までのケンケンを、もっともっと知っていただきたく、
2011年1月8日から、ケンケンの写真を織り交ぜてお伝えしてまいります。


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matsumotoyashiro.blog105.fc2.com/tb.php/577-262a8ad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ありがとう!ケンケン  (ケンケンは車が大好き) «  | BLOG TOP |  » ありがとう!ケンケン  (ケンケン走る!)

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。