topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう!ケンケン  (ケンケンの日本脱出大作戦その5) - 2011.01.28 Fri

005

(お詫び)
このブログは、私が勝手気ままに思うことを綴ってきました。暫くの間、内容を変えて書かせていただきます。


==========================================================
この写真は: 1999年3月14日 私たちとケンケンはカナダ移住に向けて
日本を発ち、バンクーバーを経由し、無事にケロウナ空港に到着しました。
ケンケンがカーゴに入ったまま、スーツケースが出てくるターンテーブルから
出てきたところです。
==========================================================

バンクーバーを飛び立ったとき、空はもう真っ暗でした。
ケロウナまで、約1時間のフライトです。

小型のプロペラ機なので、時折、機体が大きく上下に揺れました。

「ケンケンは大丈夫かな?」 と思うことがたびたびありましたが、
そんな心配をよそに、私たちとケンケンを乗せた飛行機は
遅れることなくケロウナ空港の滑走路に着陸しました。

「とうとう着いた・・・」
「長かったよね・・・」

思えば、長野を出発し、東京で1泊した翌日に成田空港から飛び立った
私たちでしたが、普通の海外旅行と違って、それが移住であること、
また、ケンケンを伴うこと、こうしたことを計画立てて進めなければなりませんでした。

長野~東京~バンクーバー~ケロウナ 
ここまで無事にたどり着くまで、丸3日間を要したことになります。

機内を出た私たちは、空港の建物の中に進みました。
到着口ロビーで、迎えに来ていた知人が待っていました。

そして、私たちはケンケンを探しました。
バンクーバー空港では、スーツケースが出てくるターンテーブルではなく、
ケンケンは貴重品の引渡カウンターから出てきました。

ケロウナの空港も、きっとそういうカウンターがあるはずだ!
と思っていた私は、そのカウンターを探しました。

すると、地方の小さな空港なので、専門のカウンターは無いというのです。

では、一体ケンケンはどこから出てくるのでしょう・・・?

乗客のスーツケースは全て出てきたあと、何も出てこないターンテーブルは
まだ動いたままでした。

「あっ!」

ケンケンが出てきました。
ケンケンが入ったプラスチック製のカーゴが、スーツケースが出てくる同じ場所から
出てきたのです。

この写真は、その時の瞬間を撮影したものです。

よかった!
ケンケンが無事に到着した!

私と妻は、すぐにケンケンの具合を確認したくて、
カゴの中を覗きました。

ケンケンは元気でした!

とうとう、私たちとケンケンは、カナダのケロウナに到着したのです。




ケンケンは、本当に多くの方々から愛されてきました。
私と妻は、そのことを大変嬉しく思うと共に、
ケンケンを可愛がって下さった方々や、
ホームページを通して興味を抱いて下さった方々に、
今までのケンケンを、もっともっと知っていただきたく、
2011年1月8日から、ケンケンの写真を織り交ぜてお伝えしてまいります。




関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

No title

いつもブログを見るのを楽しみにしています☆これからも楽しく読ませて頂きますね(*^_^*)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matsumotoyashiro.blog105.fc2.com/tb.php/573-e4303fb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ありがとう!ケンケン  (ケンケンの日本脱出大作戦その6) «  | BLOG TOP |  » ありがとう!ケンケン  (ケンケンの日本脱出大作戦その4)

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。