topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう!ケンケン  (ケンケンの日本脱出大作戦その3) - 2011.01.26 Wed

003

(お詫び)
このブログは、私が勝手気ままに思うことを綴ってきました。暫くの間、内容を変えて書かせていただきます。


==========================================================
この写真は: 1999年3月14日 私たちとケンケンがカナダ移住に向けて
日本を発ち、バンクーバーでケロウナ行きの飛行機に乗るまでの時間を
空港の外で過ごしていたときの写真です。
==========================================================

さて、私たちとケンケンは日本を出発し、無事にカナダに到着しました。
カナダに入るときの動物検疫も無事に済ませたときは、
本当に本当に、ほっとした! んです。
あのときの気持ちは今でも良く覚えています。

バンクーバーに到着した私たちは、その日のうちにケロウナまで行かなければなりませんでした。
私たちとケンケンの最終目的地は、ケロウナでした。

東京と京都くらいの距離間があります。
車で5時間、飛行機で1時間ほどの距離です。

当初、レンタカーを借りてバンクーバーからケロウナへ移動しようか?
と思ったのですが、国内線の飛行機でケロウナに向かうことにしました。

というのは、カナダ入国の際に、ケンケンの動物検疫にどれくらいの時間がかかるのか?
が全く不明でした。

成田空港の動物検疫所の係官の話では、
「1週間くらいは検疫所で係留されるかもしれません」
という返答でした。

1週間!

1週間もケンケンと離れ離れになったら、どうなるんだろう?
すごく不安でした。
その動物検疫もどのくらい時間がかかるのか?全く分からないとのことでした。

でも、もしかしたら、即日に引き渡されることもあるから・・・
という係官の言葉を信じました。
ただし、どのくらい時間がかかるのか?全く分からないということだったので、
ケロウナ行きの飛行機は、最終便を取ったのです。

バンクーバーに到着したケンケンは、動物検疫に向かいました。
そうしたら、たった5分くらいで、即OKになり、ケンケンは私たちに引き渡されました。

やった!

ケンケンを連れて、大急ぎで空港の外に出ました。
これで、晴れてカナダに入国できのたのです。
私たちとケンケンは、カナダに入国したのです!

そのかわり、ケロウナ行きの出発時間まで時間が余りすぎました。
バンクーバーを夜8時半出発のフライトでしたから、
8時間以上も待ち時間ができてしまったのです。

私は航空会社のカウンターに行き、搭乗フライトを変更できないか?訊ねました。

「あなたたち2人はOKです。でも、犬は既に指定便になっていますから、
変更できません。お2人だけ先に出発して、犬は後から行くようになりますよ」

と言われました。

もちろん、私はすぐ断りました。
ケンケンだけ置いて、私たちだけ先の飛行機で行くことなんかできません。

ということで、バンクーバー空港の建物の外で、
私たちはケンケンと一緒に待ち時間を過ごしていました。

ケンケンはたまに不安そうな表情になりました。

「このあと、どこに行くんだろう?」
「いつ出発するんだろう?」
「ボクも一緒に行けるんだよね?」

そんな表情でずっと私たちを見つめてきました。

「大丈夫!ケンケンも一緒だよ!」

そういうと、安心したように、大人しく荷物の近くにいるんです。
意味が分かっていたんですね。

この荷物は家族の大事な荷物だから、自分が見張っていないと!
そう思っていたに違いありません。

ケンケンは、飼い主思いの強い犬で、仕事熱心でした。
今、自分にできる仕事は、荷物の横にいることなんだ、って思っていたのでしょう。




ケンケンは、本当に多くの方々から愛されてきました。
私と妻は、そのことを大変嬉しく思うと共に、
ケンケンを可愛がって下さった方々や、
ホームページを通して興味を抱いて下さった方々に、
今までのケンケンを、もっともっと知っていただきたく、
2011年1月8日から、ケンケンの写真を織り交ぜてお伝えしてまいります。




関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matsumotoyashiro.blog105.fc2.com/tb.php/571-1d59d57f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ありがとう!ケンケン  (ケンケンの日本脱出大作戦その4) «  | BLOG TOP |  » ありがとう!ケンケン  (ケンケンの日本脱出大作戦その2)

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。