topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう!ケンケン  (こんなに、ちっちゃかったんだね) - 2011.01.12 Wed

9701001

(お詫び)
このブログは、私が勝手気ままに思うことを綴ってきました。暫くの間、内容を変えて書かせていただきます。

==========================================================
この写真は: 1997年1月に撮影した写真をスキャンしたものです。
当時、まだデジカメが普及していなくて、我が家にもありませんでした。
普通のカメラで、仔犬だった頃のケンケンをたくさん撮影しました。
仔犬のケンケンが、我が家の家族になったことが、嬉しくて嬉しくて。
==========================================================



「こんなにちっちゃかったんだぁ・・・」 

前回のブログでご紹介したKさんから授かったケンケン。

この写真は、日付がハッキリしないんですが、
ケンケンが我が家に来た翌日だたっと思います。

ということは、1997年1月初旬~中旬頃です。
ちょうど、14年前・・・

14年前か・・・

こんなに小さかったんだ・・・ って、
14年前のことが、今でも鮮明に思い出されます。

あの日、Kさんから授かったケンケンを、その夜、まっすぐ家に連れて行きました。
家に向かう車の助手席で、ケンケンはブルブル震えていました。

生まれてから、いったいどのくらいKさんに連れまわされたことだったのでしょう・・・
車に乗せられるときは、不安で不安で、それは寂しかったと思います。

家に到着した私は、ケンケンを胸のあたりに片手で抱えて、
そーーーーーーっと妻がいた居間に入りました。

「ただいま」
「おかえり」
「犬、いるよ」
「!」

妻も大の犬好きです。

私の腕の中で小さく体を震わせていたケンケンを見た妻は
驚きと嬉さで飛び上がるようにケンケンを迎えました。

この日から、ケンケンは我が家の大切な大切な家族になったのです。

あの日、ケンケンが我が家にはじめて来た夜のことは、
今でもはっきり覚えています。

私はケンケンと一緒に、すぐにお風呂に入りました。
温めのシャワーで体を洗ってあげました。
妻はケンケンの体をバスタオルで拭きました。

私がお風呂から上がり、居間に戻ると、
ケンケンは、コタツの中にいました。

ちょうど良い暖かさだったのでしょう。
それ以来、ケンケンは大のコタツ好きになり、
コタツに潜っては、熱くなると顔だけ出すようになりました。



長野の冬は寒いです。
8畳の居間に、テレビがあり、コタツがあり、小さなソファがあり、
そして、寝るときはコタツの横に布団を敷いて寝るのが
極寒地長野の冬を乗り切る生活スタイルです。

布団を敷くと、部屋の中は足の踏み場がありません。
ケンケンは、我が家に来た初日から、私たちと一緒に布団で寝るようになりました。

場所はいつも決まっていて、私の左腕から左脇のあたりです。
ケンケンがそれを望んだわけではありません。
私がそうしたかったのです。

でも、ケンケンはそれがとっても落ち着いたようで、
仔犬の時は、いつも私の横で寝る習慣になったのです。

仔犬の時は寒がりだったので、いつも私の横にくっつくように、
必ず私の左横にいました。

ケンケンが4歳のとき、避妊手術をしました。
術後、ホルモンバランスが変わったせいで、
暑がりになってからは、もう布団の中に入ってこなくなってしまいました。

でも、それまでは、長野にいたときも、カナダに移住した後も、
寝るときは、いつも私の左側付近で、すやすやと寝ていました。

夜中に目が覚めて、私がトイレに行っている間、
ケンケンは不安そうに枕の横で私を待っていました。

「うーー、寒い。早く寝よう!ケンケン」

私が布団に入ると、ケンケンも安心して、ぐーぐーと寝てしまいます。


仔犬の成長は、すごく早いんです。
あるとき、
「あれ? ケンケン、大きくなったなあ・・・」

なんだか、布団が狭く感じられるのです。
すくすくと育ったケンケンは、いつの間にか、
布団が窮屈に感じられるくらい、大きくなっていったんです。

仔犬だったころのケンケン。
今、思い出しても、本当に一瞬の時間だったように思い出されます。



ケンケンは、本当に多くの方々から愛されてきました。
私と妻は、そのことを大変嬉しく思うと共に、
ケンケンを可愛がって下さった方々や、
ホームページを通して興味を抱いて下さった方々に、
今までのケンケンを、もっともっと知っていただきたく、
2011年1月8日から、ケンケンの写真を織り交ぜてお伝えしてまいります。



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matsumotoyashiro.blog105.fc2.com/tb.php/557-7cc191d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ありがとう!ケンケン  (ここは好きな場所だったね) «  | BLOG TOP |  » ありがとう!ケンケン  (不思議な出会いだったね)

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。