topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう!ケンケン  (キレイなワン子だったよね) - 2011.01.09 Sun

0508001

(お詫び)
このブログは、私が勝手気ままに思うことを綴ってきました。暫くの間、内容を変えて書かせていただきます。




==========================================================
この写真は: 2005年8月に、ケンケンを可愛がって下さっていた
茨城県つくば市から我が家に来られたF様ご家族が撮影してくださいました。
ケンケンの写真はたくさんあります。
一番キレイで美人に撮影されている写真が、この一枚です。
ケンケンらしさがすごく良く写っているよ!ということで、
妻の一番のお気に入り写真です。
==========================================================



ケンケンは雑種です。
長野県の私の田舎(長野県千曲市)の生まれです。

散歩をしていると、カナダ人の人たちから数え切れないほど声を掛けられました。

「この犬は何の種類?」
「雑種ですよ」
「え? まさか!」

という具合に、カナダ人は皆さんビックリするんです。
カナダ人の方から多く聞かれるのは、

「スピッツの毛が短いタイプなの?」
「アメリカンエスキモーなの?」

という言葉です。
でも違うんです。
長野県の雑種なのです。
でも、雑種でも血統が良いのだと思います。

ケンケンは、すごく美人(メス)なんです。
まん丸の黒い目で、じーーーーーっと見つめてきます。
毛並みはふさふさで、特に首周りなんか、正面からみたら
ライオンのたてがみの首バージョン?というくらい、
それはそれは見事なんですよ。

ケンケンがカナダで過ごした12年間に、本当にたくさんの
日本人の方々がケンケンに会ってくださいました。

平均すると年間70名の日本人の方が、わざわざ日本から来てくださいましたから、
ざっと、延べ800名近い方々がケンケンを可愛がってくださったのです。

犬好きの方がとても多かったですから、
ケンケンが雑種だと知ると、皆さん驚かれていました。

「キレイな毛並みですね」
「ケンケンはとっても美人ですね」

って。


見た目だけじゃないんです。
ケンケンはとにかく頭が良い犬で、そしてすごく気を遣うんです。

我が家にお客さんが来られる場合は、到着1~2分前に私が妻に電話を入れます。
妻は、ケンケンに向かって、

「ケンケン!お客さん来るよ!」

と言うと、完璧に理解するんです。

我が家の玄関扉が開くと、ケンケンがお客さんを出迎えます。
でも、ぜったいにジャレついたり、お客さんの足や脛に飛びついたりしません。
微妙な距離、2メートルくらいでしょうか、その距離を上手に保って
尻尾を振って、でも絶対に吼えません。

お客さんにストレスを与えない距離感や態度を保って、
上品に迎えるので、まるで旅館の名物女将のようなのです。

この態度が本当に見事で!
お客さんは、ケンケン初対面で、もうすっかりファンになってしまうんです。



ケンケンは、私と妻の仕事を本当によく理解してくれていました。
ケンケンも、立派な営業マンだったんです。


いえ・・・ そうじゃない・・・んです・・・

ケンケンが居なくなって、私たちは初めて知りました。
私たちはケンケンの仕事に対する成果のおかげで
これまで、それらしく仕事ができてきたのだと気が付きました。


ケンケンは、我が家の福の神だったんです。
本当に凄い福の神でした・・・


よく、お客さんが、
「ケンケンは気品がありますね」 とおっしゃられました。

本当にそうなのです。
品があって、すごくキレイ好きなのです。

オシッコ、ウンコは、絶対に室内でしません。
必ず、散歩に出たときに野外でします。
そして、いつも妻がウンコを回収します。

もう14年も、こうしたことをしてきたんですが、
どうしても耐えられなくて、家の中でしてしまったことは、
私たちが記憶している限りでは、2回だけです。
たった2回だけ。

それは、たまたま私たちが長時間、家を留守にしてしまって、
いつもの散歩の時間から大幅に遅れて帰宅したときでした。


あのときのケンケン
ものすごく申し訳なさそうな、
すまなさそうな、
ゴメンナサイって言っているような、
しょんぼりした表情だったんです。

「良いの!良いの! ケンケンは悪くないの!」

私たちは絶対にケンケンを叱りませんでした。
ケンケンも、その期待に応えようとするんです。
だから、家の中では絶対に、オシッコ、ウンコはしないのです。

1~2ヶ月に1回の割合でシャワーを浴びさせていました。
もともと、キレイ好きのケンケンですから、いつもピカピカの美人さんでした。


ケンケンは、昨晩1月7日に永眠したときも、
本当に本当に本当に、キレイなままでした。

ケンケンは、最後の最後まで、気品があって、キレイで・・・

ぜったいに私たちに迷惑を掛けないからね!って言っているようでした。




ケンケンは、本当に多くの方々から愛されてきました。
私と妻は、そのことを大変嬉しく思うと共に、
ケンケンを可愛がって下さった方々や、
ホームページを通して興味を抱いて下さった方々に、
今までのケンケンを、もっともっと知っていただきたく、
2011年1月8日から、ケンケンの写真を織り交ぜてお伝えしてまいります。


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matsumotoyashiro.blog105.fc2.com/tb.php/554-2d52df69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ありがとう!ケンケン  (虹の橋を見たよ) «  | BLOG TOP |  » ありがとう!ケンケン  (ごめんね・・・ ケンケン)

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。