topimage

2018-06

カナダ生活20年目 - 2018.05.28 Mon



2018年の春を過ぎまして、私のカナダ移住生活は
20年目に入りました。


20年、、、


好きで選んでカナダに移住したとはいうものの、
移住したての当時、自分が20年もカナダに住み続けることになるとは想像できなかったように思います。


もっとも、移住と言いましても、
最初から永住ビザを取得できたわけではなく、
自営業者として1年更新の就労ビザでしたので、
文字通り1年1年が勝負でした。


会社を立ち上げビジネスを興すということで許可された1年毎更新のビザでしたから、
それなりの実績を作れなければ、移民局から更新を拒絶されます。

拒絶されると、1ヶ月以内にカナダ国外に退去しなければなりません。


つまり、、、
好きで夢見たカナダ移住が、もろくも崩れ去り、たった1年で、あるいは2年で
日本に戻らなければならない、ということになります。


あの当時の自分自身を思い出してみると、
朝から晩まで、ずっと仕事のことを考えていました。
常にビザの残り期間のプレッシャーを受けながら、
3年間、毎年毎年、ビザ更新のたびに移民局に行っては、
まるで取り調べのようにネチネチと担当官に難しい質問や意地悪な質問を浴びせられ続けてきました。

3時間くらいは尋問され続けていた思います。


ようやく、永住ビザ申請が認められたのが3年後でした。
そこから永住ビザが正式に発給されるまで、さらに3年ほどの時間を要しました。


今では、普通にカナダの永住ビザを所持し、普通にカナダで暮らすことに何の制限もありませんから、
あの当時のようなビザのプレッシャーや不安はありませんが、
冷静に考えて見ますと、あらためて永住ビザを保持していることの有り難さを感じながら、
20年目のカナダ生活を迎えております。


関連記事
スポンサーサイト

 | BLOG TOP |  » 新種のワイン   

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (96)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook