topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青年とゴルフ対決3 - 2016.09.14 Wed


ggg7
(強烈なショットを打ち続ける青年)



10番ホールもお互いパー。2点リードのままです。


「ようし!あと残り8ホールだ。逃げ切るぞ!」



ところが、この直後、信じられない悪夢が起こりました。


「ボクねぇ、N君(青年のこと)を応援するよ!」


まさかの、ちびっこ応援団長の裏切りでした。


「ダメだよ!僕を応援して!」

「だってN君が負けてるから可哀想。応援しなくちゃ!」

「そりゃないよ!話が違うじゃないか!」

「う~~ん、やっぱりN君を応援する!」

「裏切り者!」





「滝澤さん、子供相手に何を本気になっているんですか?」


私とちびっこ応援団長の押し問答に半ば呆れ果てたチアリーダーが間に入ってくれたものの、
応援団長の決意は固く、あろうことかチアリーダーも一緒になって 私を見捨てて行ったのです。



高校野球に例えると、試合の途中に1塁側アルプススタンドから相手側の3塁側アルプススタンドに応援団が引っ越して行くようなものです。
高校野球ではあり 得ない珍事です。



せっかく習志野高校をイメージした応援団を結成したのに、
まさかのこの展開によって私は少しずつリズムが 崩れていきました。

前半、不思議なくらい入っていたパットが入らなくなり、
反対に応援を背にした青年は本来の実力を見せつけてきました。


ggg7
(このフォーム!まさにプロ!)


高校野球は7回からが本当の実力が出ると言われますが、
この日の戦いもその通りの展開になっていきました。

ggg8


松商学園の投手はマウンド上でヘロヘロ状態で す。
相手は果敢に攻撃を仕掛けてきます。

そして17番ホールでついに同点に追いつかれました。


ggg9


同点のまま18番ホールへ。

しかし、この日の私は神がかっていました。幸運が訪れたのです。


「あのねぇ、同点になったから滝澤さんを応援する!」


ちびっこ応援団長の鶴の一声でチアリーダーも一緒に1塁側アルプススタンドに戻ってきてくれたのです!

前夜まで厳しい特訓を重ねて応援練習をしてきた応援団長とチアリーダーの声援が激しさを増してきました。
それは習志野高校吹奏楽部そのものでした。

ggg10


18番ホールPAR5。
私のドライバーショットは100回に一度出るか、出ないか?の素晴しい当たり!


「ええっ!ここまで飛んだか!」


と自分でもビックリでした。
290ヤードは来ていました。やはり応援があると無いとでは違います。


高校野球に例えると、9回裏の攻撃で先頭打者が3塁打を放ち、無死3塁という絶好のサヨナラ勝ちのチャンスです。



勝てる! 松商学園イケてる!


しかし、勝負はそんなに甘いものではありません。
青年は軽々と2打目をグリーン横に運びましたが、私の2打目は痛恨のミス。
右の松林の中に吸い込まれて行きました。

まさに、無死3塁からのスクイズ失敗ってヤツです。


ggg11


最終18番ホールは、3オン2パットの青年に対し、5オン1パットの私。
1点差で逆転負けを喫することになりました。



多くのマスコミが松商学園の大敗を予想した試合でしたが、この試合のハイライトは随所にあったと思います。
初回にいきなりバーディーを取ったことや、 100回に1度のドライバーショットが3発も出たこと。
神がかり的なパットが何度もあったこと。
途中、応援団長とチアリーダーの裏切りにあうものの、最終回にはまた戻って来てくれたこと。


ggg12



一方の青年は初めてのコースだったこと以上に、まったく予想外の相手側の応援団長とチアリーダーの賑やかな応援攻撃に面食らいながらも、しかし、さすがの 腕前を見事に披露してくれたこと。
お見事でした!

ggg13


敗れたとは言え、私は精一杯の奮闘をしましたので大満足でしたが、
ちびっこ応援団長は悔しさで一杯。
チアリーダーは泣き崩れていました。


まさかの大番狂わせか?と最後まで健闘した松商学園は爽やかな笑顔を残しつつも校歌を歌うことができませでした。



N君(青年)、ちびっこ応援団長、チアリーダー、お疲れさまでした。




おわり

======================================================
ゴルフ天国&ワイン天国のケロウナに来てみませんか!
======================================================
ケロウナ在住17年の私が、ご一緒にゴルフをしながら、あなたに最適な
「ゴルフ滞在プラン」「ワイナリー訪問プラン」をお作りいたします。

こちらのホームページで、ケロウナの情報、ゴルフコースの情報、
宿泊プランの情報をご覧いただけます。

http://www.ogtcanada.com/

お気軽にお問い合わせください。
======================================================


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matsumotoyashiro.blog105.fc2.com/tb.php/1225-667127d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

連日のワイナリー  «  | BLOG TOP |  » 青年とゴルフ対決2

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。