topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の歴史    - 2016.04.28 Thu




oyama1



これは、レールが撤去された線路の跡です。



昨年までは、レールがあったのですが、冬の間に全て撤去されてしまいました。


この鉄道を敷設したのは、戦前の大勢の日本人です。
大正時代から、この地域には多くの日本人が入植していた歴史があります。


ここは、ケロウナの北隣の町です。
町というより、村といった方がイメージに合うかもしれません。


この村の名前は、OYAMA (オヤマ)と言いますが、ご想像の通り、日本の名前です。


大正時代にこの地域にたくさん入植していた日本人たちは、
白人から差別の対象になっていました。


いくら勤勉に働いても働いても、白人たちは日本人を同格に扱う事をしませんでした。


当時の世界情勢は、ロシアが拡大を続け、その脅威はヨーロッパ全体に及んでいました。
どの国もロシアに対抗することができなかった時代です。


そんな中、1904年に日露戦争が勃発し、日本は大国ロシアに勝利しました。


東洋の小さな国が、ヨーロッパ諸国が怯えていたロシアを敗ったことによって、
白人たちの態度が急変しました。日本人は賞賛され尊敬の対象となったのです。



それを記念して、この地域の村の名前を、OYAMA (オヤマ)にしたのですが、この名前の由来をお話しします。


日露戦争では、

バルチック艦隊を敗った海軍の東郷平八郎元帥や、
203高地の戦いを指揮した陸軍の乃木希典元帥が、
映画化されるなどして有名ですが、


彼らの上に大元帥として統括していたのが、
旧薩摩藩出身の大山巌という軍人です。西郷隆盛の従兄弟です。


靖国神社の正面入り口には、立派な大山巌の銅像が建立されています。


日露戦争の立役者となった大山巌の大山を取って、
OYAMA (オヤマ)という名前がこの村に付けられました。


もちろん、今でもこのエリアは、OYAMA という地名のままです。

oyama2




関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matsumotoyashiro.blog105.fc2.com/tb.php/1203-2a3bff6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

昔ながらのカフェ  «  | BLOG TOP |  » 春爛漫のケロウナ 

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。