topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エクスナヒロ    - 2016.02.05 Fri




ここは、Ex Nihilo Vineyards というワイナリーです。



ex2



さて、、、

この Ex Nihilo  は、どのように読むのでしょうか?


イーエックス・ニヒロ ?
エクス・ニヒロ ?

私も全く分かりませんでした。



このワイナリーがオープンしたのは約5年前でした。

新しいワイナリーが出来たからと、興味津々で訪れたとき、
「これって何て読むんだろう?」
と思いながら、ワイナリーのスタッフに尋ねたところ、

エクスナヒロ だというのです。



エクスナヒロ? なんでこれでエクスナヒロって読めるのか?
おそらく英語じゃないのだろうとは思っていましたが、
さりとてフランス語でもないし、スペイン語でもなさそうです。

???

これはラテン語だということです。


ラテン語、、、、 わざわざラテン語でワイナリーの名前をつけるというのは他では例がありません。

名前に凝っているワイナリーだけあって、なかなか渋い感じのワイナリーです。



とっても小さなワイナリーですから、
いわゆる「ブティークワイナリー」と現地では称されいる代表的なスタイルのワイナリーです。


ex3


ワイナリーとしての生産規模は小さいですが、しかし、その分とても趣向を凝らした建物をしつらえています。
ワインをテイスティングできる「ワインショップ」の中はとてもセンスよくデザインされています。
ここでは、日替わりで4種類のワインを10ドルで楽しむことができます。


・スパークリング
・白ワイン
・赤ワイン(ミディアム)
・赤ワイン(フル)



通常、テイスティング料金で10ドルというのは、かなり高い部類ですかが、
これは納得できる理由があります。
開封したワインはその日だけしかお客さんに進めませんから、翌日に持ち越しません。
つまり、必ず旬な風味のワインを楽しめるということなのです。


ex4



また、ワインの特徴を最も強く引き出させるために、
例えテイスティングと言っても、グラスを全部変えてくれます。

スパークリングは細長いスパークリンググラスで。
白ワインはやや丸みを帯びた小ぶりのタイプ。
赤ワインはでっぷりと横に広がった大きなグラス、、、、 

このようにワインの特徴、品種によって、グラスを使い分けてサーブしてくれますから、
これで10ドルなら「格安」です。



ワイナリーのオーナーは、有名な芸術家です。

ご自身の作品(絵画)が、ワインショップの壁面にたくさん飾られています。
なんでも凄まじい富豪だそうで、カリフォルニアのナパバレーにワイナリーを所有しており、
ケロウナに作ったこのワイナリーは言わば2号店みたいな位置づけです。

有名なロックバンドのローリングストーンズとお友達らしく、
ローリングストーンズをラベルにしたワインも作っています。


ワイナリーの敷地内にオーナーさんの別荘があり、
お友達をアメリカから連れてやって来ては、ワインパーティーを開いているそうです。


ある日、私が訪れたとき、たまたまオーナーさんが来ていましたが、ヘリコプターでやってきました。話によると友達を連れてヘリコプターをチャーターし、オカナガン地方のワイナリーをヘリコプターで巡っていたのだそうです。


ex1


「ヘリコプターを使ってワイナリー巡りをするのか!」


って、ビックリぽん!です。


近年、世界中の富裕層がオカナガン地方にワイナリーを立ち上げています。
規模の大小は関係なくて、ワイナリーのオーナーというのは
社会的な信用度が高く、憧れの職業なのだそうです。
(それを職業と言うのが正しいかわかりませんが)



そう言えば、10年以上前の話ですが、アメリカの有名なプロゴルファーが将来の夢を実現しました。
その夢はニュージーランドでワイナリーを作るというもので、
彼はプロゴルファーを引退後、ニュージーランドでワイナリーのオーナーになったそうです。


きっとこれからも、ケロウナを中心とするオカナガン地方には、
世界中から成功を収めた人たちがワイナリーを続々とオープンさせるのだろうと思います。



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matsumotoyashiro.blog105.fc2.com/tb.php/1187-db0f533f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カフェ巡り     «  | BLOG TOP |  » 真冬のブドウ畑  

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。