topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

可哀想なワイン   - 2015.11.20 Fri




レイトハーベストワイン、、、


という甘口のデザートワインがあります。



sh005





レイトハーベストワインというのは、文字通り


Late   (遅い)

Harvest (収穫)



の通り、収穫を送らせたワインという意味です。




簡単に言いますと、通常の収穫時期より遅らせることで、ブドウ実の糖度を高めて、

甘口のワインにするというものです。


ところが、ここで非常に大きな知られざるポイントがあります。




レイトハーベストワインには、大きく分けて2種類のタイプがあるということです。

ただし、そのことはラベルに記載されていませんから、
生産者しか知らない事実なのです。


私はこの生産元のワイナリーと、16年前から取引をしている関係で、
通常は知られない情報が入ってくるのですが、





その話をご紹介します。


レイトハーベストワインには、2種類のタイプがあります。以下の通りです。


(1)通常のブドウの収穫が終わった後、大体10月~11月に収穫し醸造したワイン

(2)アイスワインになれなかったワイン



カナダのワインの規定では、両者はどちらも「レイトハーベストワイン」となります。


しかし、中味は全く別物です。




(1)の場合、収穫時の気温に規定はありませんから、
収穫時の気温はプラス5度から0度という感じです。


この気温で収穫したブドウで作ったワインは、確かに甘口になりますが、

その甘さは、「ほんのり甘い」という程度です。




(2)の場合、本来アイスワインにするために残しておいたブドウですが、
アイスワインの厳しい規定による

収穫時の気温が、マイナス8度からマイナス15度の間に達しなかったために、
ワイナリーとしては泣く泣く、

アイスワインにできなかったというワインです。





つまり、今回ご紹介するこのレイトハーベストワインは、、、


「アイスワインになり損ねたワイン」


と言って良いでしょう。


ガメイノアールという赤の品種100%で作っていますので、
色はキレイな薄いピンク色です。


ロゼワインと同じ手法で、ブドウ皮の色をつけていますから、

その色合いは、、、 ピンクロゼ となります。


驚く事に、このピンクロゼのレイトハーベストワインは、

収穫時の気温がマイナス5~6度でした。





2012年の冬は比較的、暖かかったため、アイスワインの規定に必須条件となる

マイナス8度以下に下がらなかったのです。


せっかく、アイスワインにするために残していたガメイノアールのブドウでしたが、

ワイナリーはアイスワインを断念し、マイナス5~6度のときに収穫したというわけなのです。


ということは、、、


ほとんどアイスワインと遜色ないということです。


カナダにはたくさんのレイトハーベストワインがありますが、

その美味しさ、レベルの差というのは、とんでもない開きがあります。

その差を、下から順番に現すと、


・失敗作

・まあまあ

・普通

・ちょっと良い

・良い

・かなり良い

・素晴らしく良い(アイスワインと変わらない)




というイメージですが、今回、日本初上陸となった、

ピンクロゼのレイトハーベストワインは、


「素晴らしく良い(アイスワインと変わらない)」のレベルです。


アイスワイン同様に、限定生産品です。

日本に輸出できる数量も限られていますので、お早めにお求めください。


これは、極上品です。




現在、私が運営しておりますネットショッピングサイトの

わいん@カナダ

で、このワインの販売を行っていますので、
ご興味ある方は、是非、ご利用ください。


http://shop-canada.com/SHOP/SH-005.html









関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matsumotoyashiro.blog105.fc2.com/tb.php/1163-de796d2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ここからの景色!  «  | BLOG TOP |  » ケロウナの黄葉  

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。