topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息を呑む景色    - 2015.10.17 Sat






ケロウナには、思わず息を呑む景色があります。



kkk1





その中のひとつが、この景色です。


ここは、ケロウナ市の西地区、オカナガン湖の西側から東側を眺めた景色です。

撮影したとき、ちょうど逆光だったので、、、
あまりキレイに映っていないのが残念ですが、、、
夕暮れのタイミングに撮影すると、本当にキレイなのです。



ここは、、、

イングリッシュベイ


と名付けらて居る超高級エリアです。



オカナガン湖は、水位調整されていますから、湖面の高さは一年中一定です。

つまり、枯渇することないですし、溢れることもありません。

ですから、湖面ギリギリの高さで家を建てているわけです。




こうした家々には、、、

プライベートビーチ、プライベートのヨットハーバーがあり、モーターボートが置かれています。



ちなみに、ちょうどこの写真の湖の対岸に、
私のメインの取引先のワイナリー(St.Hubertus Estate Winery)が見えます。



こうしたケロウナの景色を見続けて17年目になりますが、いつ見ても、何度見ても、その感動は色あせません。
日本では全く知られていないケロウナですが、つくずく「ケロウナ市」の魅力を感じます。





======================================================
ゴルフ天国&ワイン天国のケロウナに来てみませんか!
======================================================
ケロウナ在住17年の私が、ご一緒にゴルフをしながら、あなたに最適な
「ゴルフ滞在プラン」「ワイナリー訪問プラン」をお作りいたします。

こちらのホームページで、ケロウナの情報、ゴルフコースの情報、
宿泊プランの情報をご覧いただけます。

http://www.ogtcanada.com/

お気軽にお問い合わせください。
======================================================



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matsumotoyashiro.blog105.fc2.com/tb.php/1148-4bc2814d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

埼玉県のご夫妻1  «  | BLOG TOP |  » 賑わうワイナリー 

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。