topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の歴史物語6 - 2015.09.07 Mon





最終話です。

oc017


この写真は、日本人学校の正面玄関右に植えられた記念樹の下に埋められたモニュメントです。


D.KOBAYASHI


と書かれています。私がこの石碑の存在を知ったのは、2000年の夏ごろでした。
前年1999年にカナダに移住し、ケロウナで生活をスタートしてから1年ほどが経過した頃でした。



この地方に明治時代から日本人が入植していた歴史に興味を持った私は、
独自に当時の日本人の歴史を調べ始めて、この日本人学校の存在を知り、
そこにあったこの写真の石碑を見つけました。


D.KOBAYASHI というのは、、、

小林伝兵衛という大正時代の人物で、
当時、この地域の日本人のリーダーだった方です。

さらに小林伝兵衛を調べてみると、現在の長野県上田市の出身だということが分かりました。


「えっ! 長野県の人が大正時代にこの地域に来ていたのか?」 

とビックリしました。
私も長野県の生まれ育ちですけれど、そんな歴史があったなんて、全く知りませんでした。



小林伝兵衛は、郷里の長野県からたくさんの同朋をケロウナに呼び寄せていたそうです。

さらに当時の文献を調べて行くと、、、
小林伝兵衛の命を受けて、、、
長野県からカナダへの移住者を募り、、、
長野県からカナダへ渡る日本人を同行案内しながら、、、
当時の長野県とケロウナを行き来していた水先案内役がいました。



その人物は、、、

O.TAKIZAWA 

という人物でした。


「O.TAKIZAWAって誰だ? あれ? 僕とイニシャルが同じだぞ?」


更に調べて行くと、この人物は、、、

長野県埴科郡の

滝澤応輔

という人物だという事が分かりました。


長野県埴科郡の滝澤って、どう考えても私の祖先にあたる人物です。
このときは背筋が寒くなった事を今でも良く覚えています。



小林伝兵衛をはじめとする当時の日本人のお墓はすでに見つけていましたから、
もしかしたら滝澤応輔のお墓もあるかもしれない?と思い、
日系人墓地をくままく探しましたが、見つかりませんでした。


滝澤応輔はどこに消えたんだ???


私は長野の実家に連絡をし、事情を伝えました。
私の母から祖母へ、そして親戚中にこの話が広がりました。
そして、ついに滝澤応輔の存在が分かったのです。



滝澤応輔は、確かに私の祖先にあたる人物でした。


大正時代から昭和初期のころ、、、
滝澤応輔は当時の長野県から、、、
カナダへ移住する人たちを連れて、、、
開通したばかりの鉄道を乗り継ぎ、、、
横浜港から船でバンクーバーへ渡り、、、
陸路を経てケロウナまで連れて来たそうです。


そしてまた日本に戻り、次の日本人移住者を連れてカナダに渡り、
また日本に戻るということを繰り返していたそうです。


で、滝澤応輔はどうなったのか?



もしかしたら、ケロウナで生涯を終えたのかもしれないと思いました。

もし、そうだったら、彼の家族、子孫がケロウナに残っているかもしれません。

血筋をたどれば滝澤応輔から始まる私の親戚が、このケロウナにいるかもしれない! 
と思って、あちらこちらの高齢の日系カナダ人を尋ね歩きました。



しかし、滝澤応輔の痕跡は全く残っていませんでした。


後日、実家から知らせが届きました。


滝澤応輔は数えきれないほど、、、
当時の長野県とケロウナを行き来した後、、、
最後は生まれ故郷に戻り、、、
芸者と寝んごろになって、、、
余生を長野で楽しく暮らしたということでした。

めでたし!めでたし!



それにしても、、、

あの時代、長野県とケロウナを何度も行き来していた自分の先祖が居ようとは、、、、


そう言われてみると、カナダに移住した私が、
妙にケロウナという町に吸い寄せられたのは、
きっと滝澤応輔が呼んでくれたのだろうと思います。


自分がやり残したことを、100年後の自分の子孫に伝えたかったんだろうと。



おわり





関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matsumotoyashiro.blog105.fc2.com/tb.php/1123-935f6ce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シャフトを立てる  «  | BLOG TOP |  » 日本人の歴史物語5

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。