topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少しのコツ  9  - 2015.02.03 Tue



~ 怒って良いことは何もない ~


自分の人生を、より明るく、充実するためには、、、、

「少しのコツ」というのがいくつかあります。


前項でお伝えした、

「忙しい」という言葉を発しない

というのも大事なコツです。


次の「少しのコツ」は、、、

「怒らない」ということです。

「絶対に怒ってはならない」ということです。



例外はあります。
それはよほどの事態が生じた場合です。

まず、怒っても良い場合をご説明します。


・相手があなたに対して意図的な悪意があり、
・なおかつ、あなたの生命や財産、家族に危害を及ぼす場合


です。唯一、この条件に当てはまる場合のみだと理解してください。


ここで、重要なポイントは、、、、、

「相手に意図的な悪意がある」 ということです。


それ意外は、すべて例外なく「怒ってはダメ」なのです。


近年、クレーマーと称される人たちが多くなっています。

些細なことで、店員を怒鳴りつける消費者がなんと多くなったことでしょうか。



日本は特にそうです。
必要以上に、消費者を「お客様」扱いし、迎合するあまり、
多くの消費者が勘違いを起こしています。


ちょっとでも気に食わないことがあると、店員を呼びつけ、怒鳴りまくり、
挙げ句の果てには、「責任者を出せ!」と騒ぐ輩もいます。


まるで、、、

「俺は客だぞ!」 と言わんばかりに高圧的です。


そうした場面に遭遇すると、見ているこちらが嫌な気分になります。



「怒る」というのは、ものすごいエネルギーを使うのです。

人間って、いつまでも怒り続けることはできません。


やがて、平静に戻るのですが、そのときにほとんどの人が、、、

怒ったことを後悔するはずです。



怒るということは、、、
自分の心の中に

「受け入れる余裕」

が無い何よりの証拠です。


その余裕の無さは、全身から滲み出て回りに伝わります。

さらに、怒っているとしたら、なおさらその雰囲気が回りに伝わります。

そんな人のところに、わざわざ近づこうなどとは思いませんね。


下手に近づこうものなら、こっちがとばっちりを受けそうで、まさに触らぬ神に祟りなしって奴です。



怒ることによって、自分の心の中の余裕が失われ、、、
そして、人が誰も寄ってこなくなる。

まさに悪循環の典型です。


あなたが尊敬する人をよく観察してみて下さい。

その人の怒ったところを見たことがありますか?

ちょっとやそっとのことじゃ、怒らないはずです。



もう一度、整理しましょう。


・もし、あなたが怒れば、、、
・あなたの心の中の余裕が失われます


そして、

・その雰囲気が周囲に伝播します
・それを感じた人は、あなたから遠ざかります



このように、論理的に考えると、、、

「怒ること」 = 「損なこと」

ということですよね。

損したくなければ、、、
怒らないことです。




怒るべき場合は、、、

「意図的に悪意を持ってあなたに危害を加えてくる」

唯一、その時だけです。


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

滝澤さん

初めまして。日本在住の夢旅人です。

滝澤さんの昔のブログを読んでいます。
今日はビクターニシさんの日本食レストランの記事のところを読みました。

元々カナダに興味があり、訪れてみたいと思っていました。
ケロウナはとても景色が綺麗ですね。


チャンスがあれば、カナダで勤務して暮してみたい。
ビクターニシさんの日本食レストランを訪れて、食べてみたくなりました!
ブログを読む限りでは、スタッフでの話が楽しそうな職場ですね。
私も、ビクターニシさんの職場で働いてみたくなりました。


ケロウナはいいところです

ケロウナは本当に良い待ちですよ。 今まで訪れた国々の中で、やっぱりケロウナが一番素晴らしい町だと思います。冬の間はバンクーバーにいますので、早く春になってケロウナに移動するのが待ち遠しいです。
ビクターのレストランは、2002年に売却してしまったんです(涙)。今、彼はレストランプロデューサーになっています。
機会がありましたら是非、ケロウナにお出かけください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matsumotoyashiro.blog105.fc2.com/tb.php/1070-6c19526c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

少しのコツ 10  «  | BLOG TOP |  » 少しのコツ  8 

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。