topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少しのコツ  1  - 2015.01.19 Mon


私たちは、誰だって自分の人生を明るく、楽しく、そして将来に希望を描けるものでありたいと願っています。
これは普遍的な人間の欲求です。

あなたも、そのように願っていますし、私も同じです。

では、いったいどうすれば自分の人生が楽しく、明るく、そして将来に希望を描けるようになるのでしょうか。

この方法が分かれば、きっと全ての人の表情が明るくなるのでしょう。



仏教の教えに、「足るを知る」という言葉があります。

今の自分を素直に受け入れ肯定し、そこに幸せと満足を感じることができれば、心が穏やかでいられるという解釈だと私は受け止めています。

欲望を抑えよ、ということにも通じると思いますし、質素倹約にも繋がるのでしょう。


その一方で、一生懸命頑張ることや、向上心を持ち続けることも必要とされています。


「足るを知る」が過ぎると、適当にダラダラと過ごしてしまい、
「これで良いや」と惰性に生きてしまいがちです。

おそらく、「足るを知る」の意味はもっと深いところにあると思います。


私たちはいつも前向きに生きなければなりません。

自分なりに一生懸命に明るく、前向きに生きることこそが、きっと「足るを知る」に達するのだろうと思うのです。


それでは、
「足るを知る」を知らないとどうなるのでしょうか?

おそらく、欲望に心が支配され、本来の自分自身にそぐわない無理をするはずです。


私たちの心の中は、いつも不安定です。
まるでシーソーのように、ゆらゆらと揺れています。

これが、ピタッと静止した心境でいられると、いつでも心は平穏を保つことができるはずです。

・焦り
・恐怖
・嫉妬
・憎しみ
・怒り
・悲しみ


こうした感情に支配されることなく、毎日を穏やかな気持ちで迎えることができるのでしょう。


でも、なかなかそうなれないから、私たちはもがき、苦しみ、悩むのです。

では、いったいどうしたら良いのでしょうか?


私が今までに経験してきたことを実例に取り上げながら、

「少しのコツ」

というタイトルの基、このブログでまとめていきたいと思います。




関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matsumotoyashiro.blog105.fc2.com/tb.php/1062-33cf3d18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

少しのコツ  2  «  | BLOG TOP |  » 自作カナダファイル

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。