topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京駅の騒動    - 2014.12.30 Tue


先日、東京駅開業100周年記念のスイカ発売を巡って、凄まじい混乱が起こりました。

連日の報道でその様子がテレビを通して映し出されました。


確かに、東京駅側のオペレーションに問題があったことは否めません。

マスコミはこぞって、東京駅の対応を非難していました。


しかし、、、、

どうにも違和感を感じずにはいられませんでした。


あの騒動は、まさに一種の「集団ヒステリー」そのものです。


駅員に聞くに堪えない罵倒を浴びせる群衆。

文句のひとつでも言わなければ気が済まないという心理状態に多くの人が陥り、

「ここまで来た交通費を返せ!」
「精神的ダメージをお金で保証しろ!」
「訴えるぞ!」

そうした群衆の姿は、まるで中国人の暴動かのようにすら感じたというのは大げさな表現ではないと思います。


昨今、日本人の「民度の高さ」が取り上げられます。

おもてなし に代表されるように、日本人は奥ゆかしく、理性のある国民のはずです。


日本人は皆、そうしたことを誇りに思っているはずです。


それなのに、、、、

あの東京駅の騒動は何なのでしょうか?


誤解を恐れずに言えば、、、

「たかだか記念のスイカじゃないですか」

ということです。

記念発売品かもしれませんが、しょせんは単なる電子マネーカードです。


東京駅を擁護するわけではありませんが、しかし、あの群衆の騒ぎは異常です。


海外で報道されているという様子は目にしませんが、もし、あの様子を海外の人たちが観たらどう思うでしょうか。

とても恥ずかしくて、「日本人は民度が高いです」などとは言えなくなります。


東京駅に対して言いたいことがある人もいるでしょう。
苦情を申し出たい人もいるでしょう。

しかし、群集心理に流されてしまっては、冷静で知性ある日本人というイメージではなくなってしまいます。


今年の日本の風景の中で、もっとも情けなく恥ずかしい光景が、あの東京駅の騒動だったと私は感じています。



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matsumotoyashiro.blog105.fc2.com/tb.php/1058-022c420c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

若者の暴動     «  | BLOG TOP |  » 超地産地消    

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。