topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の鐘       - 2014.11.03 Mon

私たちの心の中には鐘があります。

この鐘は、

・自分で鳴らすことができます
・相手の鐘に反応して共鳴することができます

つまり、自分で鳴らすこともできるし、相手によって鳴らしてもらうことができるという2通りがあるのです。


自分で鳴らした鐘に対して、共鳴してくれる人というのは、
自分と同じ波長、感性、理想、夢を持っている人です。

これを「波動」と言います。

例えば、相手を騙そうとか利用してやろうと考えた時、
そうした思いで鳴らした自分の鐘に共鳴した人というのは、
同じように悪意があるのです。

その悪意は、意識的か? 無意識か?の違いはあるかもしれませんが、
いずれにしても、悪意がある鐘の音色というのは独特の特徴があります。

そうした鐘の音色に対して、共鳴できない人がいます。

「なんか違うな?」
「何か変だな?」
「信用できないな」

というように、言葉では上手く表現できないけれども、フィーリングとして共鳴できないとき、
自分の心の中の鐘はピタリと静まり返ったまま、決して鳴り響くことはないのです。

私たちは、誰もが自分の心の中に鐘を持っています。

相手が鳴らす鐘に対して、自分の鐘が自然に鳴り出すかどうか?
それを正直に見つめて欲しいのです。

共鳴しない自分の鐘を、むりやり慣らそうとしても、がちゃがちゃとした音しか出ません。
心に響き渡るような音色にはならないのです。

相手が鳴らしてくる鐘の音に、自分の鐘が自然に共鳴するかどうか?
これがとても大事なポイントです。

もし、あなたが鳴らす鐘の音に、偽りや騙しが無ければ、
それに共鳴してくれる人たちも、やはり同じように偽りや騙しの気持ちはありません。

とてもクリーンで、清々しい気持ちの人たちが集まり、お互いの心の鐘が共鳴し合って鳴り響くのです。
それは、まるでヨーロッパの古い町の中に建つ教会の鐘が、連動して鳴り響くように、
人々の心を引きつけ、魅了するようになります。

共鳴し合う鐘は、更に共鳴し合える鐘を呼び込み、その鐘の音色はさらに大きくなっていきます。

こうして同じ波動を持った人たちが集まるようになり、その輪がさらに次の輪を広げ、
どんどんと広がって行きます。

自分の心の鐘が鳴り響き、その響きに吸い寄せられるように共鳴し合える鐘を持った人たちと出会えることによって、ビジネスの世界は無限に広がりを見せるのだと思います。

反対に、悪意や邪念に満ちた鐘の響きに吸い寄せられる同質の人たちが、いくら集まったとしても、お互いに食い合い、足を引っ張り合い、邪魔し合うだけの関係にしかなりえまえん。
当然、ビジネスの形にすらならず、やがて消えて行きます。

自分の心の中の鐘に意識を向けてください。
その鐘がどんな音色になるのか?
どんな人が共鳴してくれるのか?

それによって、きっと人生もビジネスも、様々に影響されるはずです。


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matsumotoyashiro.blog105.fc2.com/tb.php/1052-d5ad5be5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オカナガン湖    «  | BLOG TOP |  » あの時代の日本人 

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。