topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポールおじさん   - 2014.08.09 Sat

173

7月に訪れた アローリーフ という小さなワイナリーです。
ケロウナ市の北部にあり、ダウンタウンから車で40分ほどのロケーションです。

このワイナリーを訪れたのは、かれこれ、、、もう8年ぶりくらいでしょうか・・・?
ずいぶんと久しぶりでした。
趣向を凝らした小さなワインショップに入ると正面にテイスティングカウンターがあります。

「あれ?」
「おや!」

カウンターを挟んだ向こう側に懐かしい顔がありました。

ポールというカナダ人のおじさんです。

この人と知り合ったのは15年ほど前です。彼はオカナガンワインのバイヤーをしており、バンクーバーやカルガリーなどのホテルやレストランにワインを販売していた仲卸を仕事にしていました。

同じワインつながりということもあり、毎年の春と秋のオカナガンワインフェスティバルではいつも顔を会わせていました。
当時、まだワインの仕事を始めたばかりの私に、いろいろと丁寧に教えてくれた恩人のひとりです。

そのポールが、まさかこのワイナリーにいるとは!
ポールも、まさか私がひょっこり来るとは思っていなかったので、お互いにビックリしながら握手を交わしました。

2年前にリタイアし、好きなワインの仕事を続けたいということで、このワイナリーで接客することを楽しみながらの仕事にしているのだそうです。
それにしても、、、、
まさかここで再会するとは思ってもいませんでした。

昔と変わらない笑顔満面のポール。

この日、私は日本からワイナリーツアーでケロウナに来られていたお客さんをお連れしていました。
特に目当てのワイナリーを決めず、ふだんはあまりルートとして使わないケロウナ北部エリアを開拓するという、遊び心いっぱいのワイナリーツアーを実施したのです。

実際、この北部エリアには、ここ数年の間に新しいワイナリーが続々オープンしていますから、
私自身、未経験のワイナリーが多いのでした。

そして、最初に訪れたワイナリーがアローリーフだったのですが、、、、、

まさかまさか、、、、、

ここで懐かしい人に会えるとは思ってもいませんでした。



173


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matsumotoyashiro.blog105.fc2.com/tb.php/1046-20ef8fa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アローリーフ1   «  | BLOG TOP |  » ハチミツ     

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。