topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

席を譲る人     - 2014.04.09 Wed

今まで、出張で日本に行くたび、電車の中で実に様々な光景を見てきました。

日本人のメンタリティーの中には、、、、、

「公衆の道徳」

という意識があります。


・お年寄り
・妊婦
・乳幼児を抱えた方

には、率先して座席を譲るというマナーを私たちは幼少期の頃から教えられてきました。

それは日本人の美徳です。

ただ、、、、、

このところ、眉をひそめたくなる光景を見る事が多いのです。


昨日のことでした。
私は上野駅から京浜東北線に乗りました。

座席はすでに埋まっていました。
私は扉付近に立っていました。

2つ目の日暮里駅で、生後数ヶ月の乳幼児を胸の前に抱えた女性が乗ってきました。
両手には大きな荷物を抱えていました。

ところが、座席に座っている乗客は、だれもその女性の存在に気がつきません。

ひたすら、スマホの画面を見つめているからです。
悪気はないにせよ、厳しい言い方をするなら、道徳心を見失っているわけです。

扉が閉まり、列車が動き出した次の瞬間のことでした。
座席に座っていた20歳ほどの女性が、それまで一心不乱に見つめていたスマホの画面から、
たまたま目を離したとき、目の前の女性の姿に気がつきました。

20歳ほどの女性は、電気ショックを浴びせられたかのように、立ち上がり、
ものすごくバツが悪そうに、女性に席を譲ったのでした。

「ああ、良かった」 私はそう思いました。

20歳ほどの女性がバツが悪そうに感じたのは、本人の意識の中に道徳心があったからです。

きっと、、、、

「気がつかなくてすいません、、、」

という思いがあったからでしょう。

それにしても、、、、、、、、、、、、

たまたま、その20歳ほどの女性が気がついてくれたから良いようなものも、
他の乗客はまったく気がつく暇もないほどに、ひたすらスマホの画面に夢中になっている光景は、
本来の日本の美徳とされる姿を失わせるのではないだろうか、、、、
という不安を感じずにはいられません。








関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matsumotoyashiro.blog105.fc2.com/tb.php/1005-2fda544d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

音楽を聴く     «  | BLOG TOP |  » 電車の中の風景  

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。