topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狙いは日本市場   - 2014.04.05 Sat

海外に移住したからといって、日本と縁が切れる訳ではありません。
飛行機に乗ればいつでも日本に戻れますし、日本には友人や知人もたくさんいます。

海外に移住したからといって、堅くなに日本を拒絶する必要はありません。
それは仕事の場においても同じです。

私はカナダに移住しましたが、移住してみて改めて分かった事がたくさんあります。
カナダに良い面もあれば、日本と比較したときに日本に軍配があがることもたくさんあります。

これをビジネスのマーケットという意味で捕らえると、、、、、

カナダのマーケットは小さい

ということにつきます。
ましてや、私が移住した最初の町はケロウナという小さな地方都市でしたから、

・ケロウナに住んで
・ケロウナの人を相手に
・ケロウナで商売をして行く

ということには最初から限界を感じていました。

たまたま偶然にも、このケロウナ産のワインを日本市場で展開する仕事が
私にとっての最初の仕事になりましたから、必然的にカナダに住みながら、
仕事の展開は日本で行う、という流れになったのです。

これらは、あくまでも結果論ですが、、、、

インターネットが発達した時代ですから、思い切った発想の転換をして、

・住む場所
・仕事をする場所

を別々にするということがあってもいいように思います。

ここで言う「場所」というのは、「国」という’意味です。

私は、、、、、

・カナダに住んでいる
・仕事の展開場所は日本である

移住当初から、こうした目標に向ってやってきました。

そのスタートから15年が経過し、、、、、

今でもカナダに住んでいますが、仕事の展開場所は、日本、カナダ、アメリカに広がってきました。
といっても、どれもこれも規模は小さいものですが、
でも、住む場所と仕事の場所を別々にするという夢物語みたいなことが、、、、、

気がついたら実現できるようになっています。
これはこれで、ある種の理想的なスタイルかもしれません。

きっと、このまま突き進むことが私の移住のスタイルになるのだろうな、と思います。



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://matsumotoyashiro.blog105.fc2.com/tb.php/1003-9c24929c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

電車の中の風景   «  | BLOG TOP |  » 桜の花      

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。