topimage

2016-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイン撮影は難しい - 2016.05.27 Fri



ケロウナで作られているワインを
日本に輸出し、日本で販売する仕事を初めてから、
16年になります。


この間、デジカメの性能は目覚ましく向上してきました。


これまで私は、5台のデジカメを買い替えてきました。

そして、この春、新しいデジカメを手に入れました。


仕事柄、ワインボトルの写真を撮影する機会が多いのですが、、、、


ワインボトルの写真というのは、本当に難しいです。



ある程度の明るさが無ければ、ボトルの全体のイメージが暗く沈みます。


ストロボを発光させてしまうと、
ボトルの表面に光が反射して全く写真として使いものになりません。


ワインボトルを撮影する場合、、、

いかにして自然光を利用するか?
ということにつきます。


当然のことながら、自然光が強過ぎてもダメですし、弱過ぎてもダメです。


いろいろなシチュエーションで撮影をしているうちに、
期待していたけれどもダメだった写真もあれば、
ダメもとで撮影した写真が思いのほか良かったものもあります。


改めてワインボトルの撮影の難しさを実感しているこのごろです。




www1

このときは、快晴で日差しが強い日でした。
直射日光を充てると、ボトルが暗くなるので、木陰の下で直射日光を避けたところで撮影しました。
背景の強い日差しが木陰のワインボトルの印象を浮き上がらせてくれます。

これはダメもとで撮影したものでしたが、デジカメからパソコンにダウンロードして確認したところ、
とても良い写真になりました。

ワインのラベルもしっかり写り、
ボトルの薄い透明感から、ボトル内のワインの存在も表現できています。
いつもこのように撮影できれば良いのですが、、、




www2

直射日光を避けた木陰の下での近距離撮影です。
ボトルの表記が全て認識できるという意味では、こうした角度の写真は必要ですが、
やはりボトル全体が映っていないとワインらしさが伝わりません、、、



www3

曇天の下での撮影でした。
さすがに曇天のときはボトルの色が映えません、、、

もっと撮影を勉強しないと、、、



スポンサーサイト

ワイナリーの風景  - 2016.05.24 Tue



この季節は、ワイナリーに行ってみると、
たくさんの人たちが同じように訪れています。


そりゃ当然ですよね。

春、夏、秋のケロウナはとても素晴しい天候に恵まれていますから、

カナダ国内から訪れる観光客で溢れています。


日本人と遭遇することも、まずありません。



カナダの人々は、、、

慌ただしく駆け巡るようなことはしません。



自分の気に入ったワイナリーで、ゆっくりと流れる時間を楽しみながら、

思い思いにワインを楽しみながら、

とにかくゆっくりと過ごしてるかのようです。


最近、そんな光景によく遭遇します。



失礼にならないように、撮影させてもらった写真の中から、

特に印象に残ったものをご紹介いたします。




2016-05-008
Arrow Leaf Estate Winery にて


2016-05-009
Summerhill Estate Winery にて


2016-05-010
Quail's Gate Estate Winery にて


2016-05-011
Lake Breeze Vineyards にて


======================================================
ゴルフ天国&ワイン天国のケロウナに来てみませんか!
======================================================
ケロウナ在住17年の私が、ご一緒にゴルフをしながら、あなたに最適な
「ゴルフ滞在プラン」「ワイナリー訪問プラン」をお作りいたします。

こちらのホームページで、ケロウナの情報、ゴルフコースの情報、
宿泊プランの情報をご覧いただけます。

http://www.ogtcanada.com/

お気軽にお問い合わせください。
======================================================

春のベスト写真2  - 2016.05.16 Mon





3月に日本に行った際に、
ミラーレス一眼レルカメラを購入しましたので、
さっそく春のケロウナの風景をたくさん撮影しています。


やっぱり、カメラの性能が高いと、
同じ写真でもぜんぜん写りが違いますね。


さて、今回ご紹介するのは以下の3点です。


5-4

昔、がんばって働いていたトラックです。
歴史の古いワイナリーには、このようにオブジェとして大切に保存されています。
なんてことのない風景だったので、あまり気にせず撮影してみましたが、、、

見れば見るほど、
なんだか味のある風景なのです。

Little Straw Vineyards にて



5-5

もう初夏の足音が聞こえてきそうなくらい、今年の4月は強い日差しに包まれました。
芝の色もごらんのように緑の色を強めています。
ワイン用のブドウも日 々、力強く成長しています。

このワイナリーの場所場所をこれまでたくさん撮影してきましたが、
満足のいく写真になるか?
と言えば、意外とそうでもないのです。

この日も、同じようなアングルで30枚以上の撮影をしてみましたが、
その中で、もっとも満足の行く写真がこれでした。

Mission Hill Estate Winery にて


5-7

この季節がブドウ畑の撮影に最も適したシーズンだと思います。
ブドウ樹のラインが浮かび上がるように見えます。
正面に見えるオカナガン湖の水がワイナリー のブドウ畑に散水されます。

Mission Hill Estate Winery にて





======================================================
ゴルフ天国&ワイン天国のケロウナに来てみませんか!
======================================================
ケロウナ在住17年の私が、ご一緒にゴルフをしながら、あなたに最適な
「ゴルフ滞在プラン」「ワイナリー訪問プラン」をお作りいたします。

こちらのホームページで、ケロウナの情報、ゴルフコースの情報、
宿泊プランの情報をご覧いただけます。

http://www.ogtcanada.com/

お気軽にお問い合わせください。
======================================================



春のベスト写真1  - 2016.05.13 Fri



3月に日本に行った際に、
ミラーレス一眼レルカメラを購入しましたので、
さっそく春のケロウナの風景をたくさん撮影しています。


本当に自画自賛で申し訳ないのですが、
50枚に1枚くらいの割合で、


「あっ! これは良い写真だなあ!」


と思える写真があるのですが、そんな自画自賛の写真だけを集めてみました。


この中に、、、
おそらく今年2016年のベスト写真になるだろうな、と自分で思ってしまえるほど
良い写真があります。



5-8

まずはこの写真です。
この春、すでにたくさんの写真を撮影しましたが、、、
その中でもっとも気に入っているベスト写真がこれです。

見知らぬカナダ人カップルが、まるで風景の中に溶 け込むような、そんな後ろ姿を撮影してみました。
Quail's Gate Estate Winery にて




5-1

ケロウナのダウンタウンのヨットハーバーです。
4月初旬の柔らかい日差しを浴びながら、、、
こんなふうにベンチに腰掛けて目の前に広がるオカナガン湖を眺めて いたら、
どんな気持ちになるんでしょうか?



2016-05-003.jpg

ワイナリーツアーでお越し下さったご夫妻を
ケロウナ市内のワイナリーにご案内したときのスナップです。
他にお客さんが居なかったため、完全貸し切り状態で ワインテイスティングを楽しまれたときの様子です。
Tuntlus Vineyares にて



======================================================
ゴルフ天国&ワイン天国のケロウナに来てみませんか!
======================================================
ケロウナ在住17年の私が、ご一緒にゴルフをしながら、あなたに最適な
「ゴルフ滞在プラン」「ワイナリー訪問プラン」をお作りいたします。

こちらのホームページで、ケロウナの情報、ゴルフコースの情報、
宿泊プランの情報をご覧いただけます。

http://www.ogtcanada.com/

お気軽にお問い合わせください。
======================================================



春のダウンタウン  - 2016.05.10 Tue




ある日のケロウナのダウンタウンです。


ある日とは、、、、

何も無い日常ということです。


特にイベントがあるわけではなく、、、
観光客が訪れるシーズンにもまだ早い、、、


そんな日常的な普通のケロウナのダウンタウンの風景です。



ケロウナは、年々人口が増加し、
まもなくその数は20万人に達しようとしています。


しかし、、、



ダウンタウンは市の条例によって、
昔ながらの小さく小ぢんまりした環境を保持することに熱心です。


徒歩で十分歩けるくらいの広さしかありません。



やはり目立つのはカフェやレストランです。



「ようし!ショッピングするぞ!」


という人には、なんとも物足りなさを感じてしまうことは否めません。



ケロウナのダウンタウンの魅力ってなんだろう???



実は私も良く分かりません、、、

いや、確実に魅力はあるのです。



でも、それを具体的な「これ!」みたいな形では説明できないのです。



何て言ったら良いのだろうか、、、、?



その独特の雰囲気と言ったら良いのかもしれません。



ケロウナを包み込む空気感と言ったら良いでしょうか。



このダウンタウンの魅力は、訪れていただければ
きっと分かって頂けると思うのです。





2016-0510-1



2016-0510-2



2016-0510-3



2016-0510-4




ブドウ畑の中で   - 2016.05.07 Sat



春のワイナリーのブドウ畑の中です。


ブドウ畑は、季節事に様々に表情を変えていきます。


ケロウナの春の日差しは強いので、
ブドウの芽はすくすくと良く育ちます。

あっという間に葉が生い茂って行きますから、
夏のブドウ畑は、緑の絨毯のようになるのですけれども、
写真撮影をすると、緑が強過ぎて味気なくなります。


1年の中で、、、

もっともブドウ畑が綺麗に撮影できるのが、春の季節です。


ブドウ樹のラインがはっきりと浮き上がるように遠くまで見渡せます。


もちろん、ケロウナ特有の青い空の広がり、
そしてオカナガン湖の青さが際立ち、
ご覧のような風景を撮影することができます。


ワイナリーのブドウ畑の中は、、、

関係者以外立ち入り禁止


となっています。

ただ、私は取引先nワイナリーでは、
自由にどこにでも入って行けるので、
この日は、妻と一緒に広大なブドウ畑の中腹まで歩いて登っていきました。


緩やかな斜面ですが、歩いて登ると結構な運動量になります。


そして、、、


畑の真ん中あたりで振り返ったときの風景を、
以下のように撮影してみました。





2016-0507-6




2016-0507-1



2016-0507-3



2016-0507-4



2016-0507-5



ワイン撮影会    - 2016.05.04 Wed





3月に日本出張した際に、、、

購入したミラーレス一眼レフを持ってワイナリーに行ってきました。


春のブドウ畑の風景写真を撮影したり、、、
ワインのボトルの接写も試してみました。


ワインボトルの接写はキレイに撮影できなかったのですが、
やっぱりカメラが良いとキレイに写るんですね、、、


というわけで、せっかく良いカメラを手に入れたので、
今年はオカナガン地方のキレイな風景をたくさん撮影したいと思っています!



ワインボトルを接写して、、、
背景が薄くボケてくると、
やっぱり浮き上がり方がぜんぜん違うんですね。


なるほど、、、

写真撮影というのは本当に奥が深いなあ、、、

と改めて実感しました。




w00001

直射日光を避け、樹々の木陰で撮影すると、
ちょうど良い感じでボトルを撮影する事ができます。


w00002

さらに接写してみます。
ボトルのラベルにフォーカスしてみると、
背景がさらにボケてきます。
なかなか良い感じです。



w00003

ワインボトルを置いた場所は完全な日陰でした。
天気が良く、強い日差しだったので、日陰だとどうかな?
と思ったのですが、予想以上に良い写真が撮影できました。
こういう光の強弱を付けるのも良いなと思いました。



w00005

デザートワインの色合いもとても良く映えます。





昔ながらのカフェ  - 2016.05.01 Sun




ケロウナのダウンタウンには、、、

地元の人に愛されているカフェがあります。



ここは、元々のオーナーさんが趣味で集めたアンティーク家具を使っているので、
なんだか時代がタイムスリップしたかのような雰囲気に包まれている不思議な空間です。


オープンしてから、15年以上になりますが、
小さなカフェでありながら、いつも盛況です。



スタバに代表されるようなチェーン店が続々増えて来ていますが、
こうしたノスタルジックなカフェは本当に貴重です。



cafe001


cafe002


cafe003


cafe004







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。