topimage

2016-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロが撮影した写真 - 2016.03.29 Tue




4年前に友人のプロカメラマンがケロウナに来てくれた際、
私のメインの取引先ワイナリーで撮影会をしてもらいました。

たくさん撮影してもらいましたけれど、
さすがにプロが撮影した写真はぜんぜん違うなあ、、、
って、ぴっくりポン!でした。


ny1



ny2



ny3



ny4



ny5



スポンサーサイト

こんなワイナリー  - 2016.03.26 Sat




MT. BOUCHERIE(マウント・ブーシュリー・エステイトワイナリー)です。


mb1


15年ほど前にオープンしたワイナリーで、
もともとはワイン用ブドウの大規模地主でした。


オーナーはインド系カナダ人のおばちゃんで、とても気さくな人です。


いつも、このワイナリーに行くと、、

「あんた、うちのワインも日本に輸出してちょうだいよ!」

と言われます。


mb2



オープンしたての頃は、なかなかいい出来のワインにならなかったのですが、これは仕方ありません。


今、オカナガン地方には大小190のワイナリーがあります。

私がカナダに移住した1999年のときは、
ワイナリーの数が50でしたから、
それが今では4倍ほどに増えています。


mb3



新しくオープンしたワイナリーは、まだ、醸造のコツを掴みきれていないため、
試行錯誤に数年を費やしながら、ようやくいい味に仕上げていきます。

このワイナリーも当初は、あまり美味しくありませんでした。

しかし、今では「なるほど!」と納得できる仕上がりのワインを産み出しています。

ここは、赤も白も他では見かけない希少品種を得意としているため、
とても珍しい品種が揃っています。


mb4



ただし、そうした希少品種は生産数量が極めて少ないために、早々と完売してしまいます。

他のワイナリーでは作っていない希少品種をテイスティングするだけでも十分に訪れる価値があります。




ゴルフの季節到来  - 2016.03.23 Wed




ワインの産地ケロウナは、「カナダのゴルフ天国」という顔も持っています。


私が知る限り、カナダの中で一番ゴルフ環境に恵まれた町です。

さて、、

いよいよ2016年のゴルフシーズンのスタートです!



今年はケロウナのキレイなゴルフコースの写真もたくさん撮影したいと思っています。



gg1


gg2


gg3


gg4





湖が見える景色   - 2016.03.20 Sun




ワインの産地のケロウナは、広大なオカナガン湖の畔に広がるとってもキレイな町です。
オカナガン湖って、いろいろな角度から様々な風景を見せてくれます! まさに絶景です!


lake1



lake2




lake3




lake4




lake5





隠れ家 3     - 2016.03.17 Thu




ANCIENT HILL (アンシエント・ヒル)

の続きです。


anc6



おもてなし!ってほどではないのですが、、、

いつも妻が手作りでワインに合う

「おつまみランチ」

を用意します。


anc7



日本から来られたお客さんを、このアンシエントヒルにお連れし、
アウトサイドのテラスで一番良い席を確保して、、、


「ワイナリーピクニックランチ」


の始まりです。


日本から来られたお客さんに、
テイスティングカウンターで試飲をしてもらい、
気に入ったワインをまず購入します。


anc8



無料でワイングラスを借りられrうというのが嬉しいポイントです。


で、あとは時間無制限でゆっくりとこの空間を楽しみます。


これまでたくさんのお客さんをここにご案内してピクニックランチを楽しみましたが、
最長記録は4時間30分いたことがあります。



anc8



どんなに短くても、あっという間に2時間は経過しますから、
いかに心地よい空間か、、、

ということの何よりの証拠です。


今年もここにたくさんのお客さんをお連れできると思います。


隠れ家 2     - 2016.03.14 Mon





ANCIENT HILL (アンシエント・ヒル)の続きです。


このワイナリー(アンシエントヒル)の魅力は、、、


「ピクニックランチ」


ができるということです。


anc3



ルールは至って簡単です。
まず、無料のテイスティングをして、お気に入りのワインを購入します。

本数は関係ないので、
人数に併せた本数で構いませんから、
1本でもOKです。


そして、ワイナリーからワイングラスを借ります。
もちろん無料です。



そして、ワイナリーのオープンテラスに移動し、、、
気に入ったテーブル席を決めたら、、、
そこでワインを飲みながら、、、


持参した軽食やおつまみをテーブルに広げて楽しめます。


anc4



つまり、食べ物は持ち込みOK!ということなのです。




それに時間制限がありません。

ポカポカと暖かい陽気の中で、
普通に2〜3時間、ここでくつろぐことができます。



私たちも春〜秋の間は、しょうちゅうこのワイナリーに行きますし、
日本からワイナリーツアーで来られたお客さんを、
ここにご案内していますが、皆さんとても気に入ってくださっています。


anc5



なかなか、日本にはこういう環境でゆっくり楽しめる環境って無いと思うのですが、
ケロウナの魅力の一つが、こうしたワイナリーとの付き合い方が出来るという点ですね。




隠れ家 1     - 2016.03.11 Fri




5年前にオープンした新しいワイナリーです。

ANCIENT HILL (アンシエント・ヒル)


という小さなワイナリーです。


我が家から車で5分くらいのところにありますが、、、

3年前から行きつけのワイナリーになっていて、

春、夏、秋の間はしょっちゅうこのワイナリーに行きます。



anc1



日本から来られたお客さんを必ずお連れするワイナリーとして、
我が家のライフステージの場所として重宝させてもらっています。


こういうワイナリーに行くと、いつも感じるのですが、
ワイナリーの善し悪しというのは、

生産規模だとか、
売上高だとか、


そういう規模の大小は一切関係ないってことなのです。



作られているワインが美味しいか? 
自分の好みに合うか? 
ということと、そのワイナリーの空間が心地良いか?


ということが重要なポイントです。


anc2



考えてみれば当然ですが、いくら大きなワイナリーでも、、、
いくら売上高が凄まじいワイナリーだっとしても、、、


そこを尋ねたときに、ホッとするような空間で楽しむことが出来なければ、意味が無いと思います。



単なるワイン工場見学みたいなことをしたって、時間に追われるばかりで落ち着いて楽しめませんから。


一方、このワイナリーはすごく落ち着くんです。

その模様は次回、ご紹介します。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。