topimage

2015-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクアケチャレンジ - 2015.12.27 Sun








カナダ産ワインの存在そのものが、未だに日本では知られていないというのが実情です。


「カナダのワインなんて知らない」

「カナダでワインを作っていたのですか?」



という声を今でも耳にする機会が多いです。


これまで15年以上に渡って、
当地オカナガン地方で作られるワインを日本に輸出し、
日本国内で販売してきましたが、
まだまだ私たちの努力不足で、カナダワインの知名度は相変わらず低いままです。


そんな中、
先月の日本出張のときに、
サイバーエージェント社が展開している

マクアケ

というクラウドファウンディングと奇跡的な出会いを果たしました。


オカナガン産ワインに対する熱い思いを
十分に理解してくれた結果、話がとんとん拍子に進みまして、
この度、マクアケでオカナガン産ワインへの支援プロジェクトを
スタートする事になりました。


今回は、、、

レイトハーベストワイン (甘口デザートワイン)


を取り上げました。


本来、アイスワインになるはずだったブドウが、
暖冬の影響でアイスワインになれず、
レイトハーベストワインとして誕生することになったのですが、

もともと、生産数の少ないアイスワインですし、
しかも、暖冬の年しか出来ないという希少性はとても高いものがあります。


ご興味のある方は、是非この機会にご利用ください。




makuake



スポンサーサイト

産地紹介ビデオ   - 2015.12.23 Wed








ケロウナは、カナダを代表するワインの産地です。


このオカナガン産ワインの魅力を上手にまとめた
プロモーションビデオがYouTubeで紹介されていましたので、
上に記載しました。



改めて、この映像を観ますと、


つくづくケロウナを中心とするオカナガン地方の、、、


・美しさ

・環境の素晴らしさ

・そこに集う人々の笑顔


が強烈に伝わってきます。



このケロウナで作られているワインに巡り会えたのは、
カナダに移住した半年後のことでした。


1999年11月のことです。



そして、2000年4月に、
このケロウナ産のワインを日本に輸出をし、
日本での販売を開始しました。


早いもので、あれから16年です。


ケロウナ産のワインに関われる仕事を今も続けられることに
改めて感謝の気持ちです。


これからも、ケロウナのワインを日本で広げられるように頑張ります!



ケロウナ紹介ビデオ - 2015.12.21 Mon








これは、ケロウナ市観光局が制作したプロモーションビデオです。



・真っ青な空

・オカナガン湖

・ワイナリーの数々

・ゴルフ

・地産地消の料理




私は1999年からケロウナで暮らしていますが、

ケロウナの美しさは、本当にこのビデオの通りです。


さすがは、、、、


カナダ人が将来住みたいナンバー1の町

だけのことはあります。


日本では全く無名なケロウナですが、

あえてその理由を示すとしたならば、、、



ケロウナは完全に完成された究極の町なので、

わざわざコストをかけてまで、日本に宣伝する必要が無いということなのです。



今後も、ケロウナ市の存在は日本では知られることは無いでしょうけれども、

一度、ケロウナを経験した日本人の皆さんは、
このケロウナの魅力に取り憑かれます。




早朝のバンクーバー - 2015.12.18 Fri


yvr11




私は春から秋の半年間は、主にケロウナで過ごしています。

それ以外の時期は、バンクーバーに居住しています。


カナダはとても良い国ですが、、、、


しかし、冬は辛いんですよね、、、、



「寒いでしょ?」


と、日本の知人から言われるのですが、

バンクーバーの冬は寒くはありません。


感覚的には東京の冬と変わりません。


雪も降りませんし、気温も氷点下になることもありません。



ただ、、、

雨が多いんです。


冬の半年間は、本当に毎日が雨、、、って感じです。



雨が降らなくても、空はどんよりと曇り空で、
いつ雨が降って来てもおかしくない、という空模様なのです。


ケロウナは冬の間でも天気が良いので、
冬はケロウナの方が過ごしやすいというのが私の感想です。



雨の日は、外出するのも嫌になります。


yvr11



雨が降っていないときは、早朝から近所のスターバックスに行って、
気分転換を兼ねながら、コーヒーを飲みつつ、
パソコンで仕事をします。


早く春が来ないかな、、、

と思いながらの12月です。


スイングの課題   - 2015.12.08 Tue




どうしても長いクラブになると、オーバースイングになりがちな欠点があります。


ber002



この写真は、PAR3 のティーショットで、
7番アイアンのスイングです。


ちょうどトップから切り返す直前くらいのタイミングですが、

アイアンだと、良い感じにトップが収まっています。


ヘッドがターゲット方向に向いているので、

結果的に方向性も安定し、
インパクトも安定するのだろうと思います。



私は3番アイアンまでを使いますが、
3番アイアンでも、同じように良い感じのトップが作れています。


問題は、、、
ドライバーです。


シャフトがしなる分だけ、
アイアンと同じようにトップを作ったつもりでも、
ドライバーのヘッドがかなりオーバー目に入り込み、
そのヘッドがターゲット方向から大きく右に向いてしまいます。


う〜〜〜〜ん、、、

アイアンと同じようなトップをどうやったら作れるのだろうか???


この悩みを抱えたまま2015年のシーズンが終了してしまいました。

2016年は、この課題に取り組みたいと思います。






======================================================
ゴルフ天国&ワイン天国のケロウナに来てみませんか!
======================================================
ケロウナ在住17年の私が、ご一緒にゴルフをしながら、あなたに最適な
「ゴルフ滞在プラン」「ワイナリー訪問プラン」をお作りいたします。

こちらのホームページで、ケロウナの情報、ゴルフコースの情報、
宿泊プランの情報をご覧いただけます。

http://www.ogtcanada.com/

お気軽にお問い合わせください。
======================================================




実践ラウンド練習  - 2015.12.06 Sun




夕方から一人でホームコースに行くと、、、、


「この時間は君だけだから、一人でやって良いよ!」


と言われることが度々あります。



そうです。

そういうときは、一人でじっくりと自分のゴルフに集中できます。


ber001



この写真をご覧いただければ分かりますが、

グリーン上にボールが3つあります。




ここは、PAR3 ですが、
ティーショットを3回打ちました。


なんとなくグリーンに乗った、、、

でも、納得できるショットじゃない、、、

じゃあ、もう1回打つか!

2球目を打ったら、、、

これもグリーンに乗ったけれど、

でも、もっと確実な満足感が欲しいなあ、、、

それじゃ、もう1回打ってみよう!


っていう感じです。




通常、同伴者がいたら、こうしたゴルフはできません。


とかく、日本ではまずあり得ませんし、
キャディさんがそれを認めてくれません。



仮にですが、18ホールをラウンドして、
全てパーオンしたとします。

すると、ショットを打つ回数というのは、

36回です。


考えようによっては、たった36回しか打てないということです。



我々アマチュアは、とにかく実践でボールを打つことを経験しないと
決して上達しません。



いくら練習場で何百球打っても、
実践ラウンドの1球には叶わないのです。




日本から来られるお客さんをコースにお連れする場合、、、

夕方からのラウンドのときは、たいてい空いていますから、

私とお客さんだけでラウンドする時は、


「今日は実践練習ラウンドにしましょう!」


という提案をします。



・スコアは気にしない(付けない)

・納得できるまで何回でも打つ



ということを行います。


後ろの組みが追いついて来ない限り、
こうした実践練習をケロウナで経験してもらっています。


そして、皆さん上達されていくというわけなのです。






======================================================
ゴルフ天国&ワイン天国のケロウナに来てみませんか!
======================================================
ケロウナ在住17年の私が、ご一緒にゴルフをしながら、あなたに最適な
「ゴルフ滞在プラン」「ワイナリー訪問プラン」をお作りいたします。

こちらのホームページで、ケロウナの情報、ゴルフコースの情報、
宿泊プランの情報をご覧いただけます。

http://www.ogtcanada.com/

お気軽にお問い合わせください。
======================================================





花々で溢れます   - 2015.12.04 Fri



kel003




インターネットの普及、発達により、
私たちは居ながらにして世界の情報を得る事ができるようになりました。


いわゆる情報化社会と言われていますが、、、



しかしながら、、、


凝り固まったイメージというのは、相変わらず変わらないようです。



例えば、、、

カナダという国のイメージについて、

今でも多くの日本人が抱いているものは、、、



・寒い国


というイメージです。



本当でしょうか?



私はカナダに移住し17年になりますが、

ハッキリ言えることは、、、


・カナダには寒いところもたくさんある

・カナダには温暖なところもある



ということです。







カナダは日本の国土の27倍を誇る大陸国家です。



狭い、狭い、と言われる日本ですら、

北海道と九州とでは全く気候が違います。


極端な例で言えば、

オホーツク海のほとりにある網走と、
東シナ海に浮かぶ石垣島とでは、
比べるまでもなく、気候が違います。


カナダも同じです。


北極圏に入れば、まさに極寒地です。


しかし、その反対に暖か所もあるのです。



ケロウナがまさにその代表です。


燦々と降り注ぐ太陽の年間日照時間は、
ハワイのホノルルより長いのです。




よって、ケロウナの街中は、3月初旬〜10月末まで、
花々によって見事に演出されます。



ケロウナ市は財政力が強いので、
公的な環境美化に注ぐ予算が十分にありますから、
このようなフラワーポットが街中の至る所にあるのです。


kel003



======================================================
ゴルフ天国&ワイン天国のケロウナに来てみませんか!
======================================================
ケロウナ在住17年の私が、ご一緒にゴルフをしながら、あなたに最適な
「ゴルフ滞在プラン」「ワイナリー訪問プラン」をお作りいたします。

こちらのホームページで、ケロウナの情報、ゴルフコースの情報、
宿泊プランの情報をご覧いただけます。

http://www.ogtcanada.com/

お気軽にお問い合わせください。
======================================================




ケロウナのカフェ  - 2015.12.02 Wed



cafe11


ここは、私のお気に入りのカフェです。


ケロウナ市内の中心部から車でしか行けない所なので、

かなりツウな人でなければ、このカフェを知らないと思います。




私は、ケロウナに移住した最初の年に、
カナダ人の友人に連れられて、このカフェに行ったのですが、、、

それ以来、すっかりこのお店のファンになりました。




ですから、かれこれ16年の常連客ということになります。



このカフェの建物は、非常に歴史的価値のある建物でした。


しかし、、、


2001年の秋、キッチンからの出火によって全焼してしまったのです。





ところが!


このカフェの常連客が中心となって、
記憶を頼りに設計図を作成し、、、


そして、、、


復元してしまったのです!



私は全焼する前の建物をよく知っていましたので、

復元された建物に入ったとき、

本当にビックリしたのです。



全焼する前の建物の外観、内装、すべて全く同じだったのです。




時間もコストも、相当掛かったと思います。


でも、カナダの人たちが何を大切にし、
何に価値を置いているのか、、、、


ということを、強烈に教えてもらったのが、このカフェなのです。




私は、このエリアに行くと、決まってここに立寄り、
ここでランチを取ります。


また、日本から来られたお客さんをここにお連れすることも多いです。





======================================================
ゴルフ天国&ワイン天国のケロウナに来てみませんか!
======================================================
ケロウナ在住17年の私が、ご一緒にゴルフをしながら、あなたに最適な
「ゴルフ滞在プラン」「ワイナリー訪問プラン」をお作りいたします。

こちらのホームページで、ケロウナの情報、ゴルフコースの情報、
宿泊プランの情報をご覧いただけます。

http://www.ogtcanada.com/

お気軽にお問い合わせください。
======================================================




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。