topimage

2014-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アローリーフ3   - 2014.09.19 Fri

792

アローリーフワイナリーには、オカナガン湖を眺め下ろせる綺麗な公園があります。
湖に向ってなだらかに下る斜面に沿って、見事なまでに芝が広がり、
その下にはこのワイナリーのブドウ畑が広がっています。

まさに、、、
圧巻の光景です。

この小さな公園の入り口に面白いモニュメントがあります。
ワインボトルを形取ったモニュメントです。

そこに、、、、
BACCHUS IS WATCHING

と書いてありました。
BACCHUS (バッカス)というのは、ギリシャ神話に出てくる「お酒の神様」です。

古代ギリシャ神話に精通している方ならば、
すぐに、バッカス=「お酒の神様」だということをイメージできると思います。

ここにわざわざ、
BACCHUS IS WATCHING
と刻んでいるということは、

「お酒の神様が君を見ているよ!」 って感じなのでしょう。

いかにも、カナダ人が考えそうなユーモアです。

ワイナリーなのだから、お客さんにはたくさんワインを飲んでもらい、
たくさんワインを買ってもらいたいのでしょうけれども、
そこにあえて、こうしたシャレを聞かせたモニュメントを建てるというのが
何とも面白いですね。

日本だと、、、
居酒屋のレジの横に、

「飲酒運転の方の来店はお断りします」

というような注意書きが貼られていることがありますが、
言っていることは正論ですけれども、
シャレが無いですよね、、、

なんか無機質な感じがします。


さて、話をバッカスに戻しますが、

このBACCHUS の名前を取ったワイン用ブドウ品種があるのです。
アローリーフは、このBACCHUS 種を使ったワインを作っている数少ないワイナリーです。


BACCHUS は、白ワインの品種です。
とても歴史が長い白の品種ですが、悲しい事に年々、BACCHUS を見かける機会が少なくなってきました。
オカナガン地方でBACCHUS を作っているワイナリーは、片手で数えるほどしかありません。

アローリーフワイナリーは、有り難い事にBACCHUS がメイン品種ですから、
ここに行けば、品切れにならない限り、確実にBACCHUS を購入できます。

きりっと引き締まったボディは、まさに「キレがある!」という印象を強く与えてくれます。
おすすめの白ワインです

390

スポンサーサイト

アローリーフ2   - 2014.09.16 Tue

505

さて、このアローリーフですが、、、

驚いた事に、今現在、新しい建物を建築中でした。
10月にオープンするそうです。
ここには、新たにワインショプと、テイスティングカウンター、そして小規模ながらワインカフェ&ビストロがオープンするそうです。

「なるほど・・・・」

と思ってしまうのは、とにかくここからの景色が凄いんです。
オカナガン湖を見下ろすには、ちょうど良い高さと角度。

10月に本当にオープンするか? はちょっと疑問ですが、
しかし、間違いなく来年春にはオープンしているでしょう。
そう思うと、来年ここを訪れるときが楽しみになってきました。

オカナガン地方のワイナリーは、基本的にオカナガン湖に面した斜面にブドウ畑が広がっていますから、
必然的にワイナリーからの眺望はオカナガン湖を見下ろすロケーションになります。

しかし、、、、
オカナガン地方のワイナリーの全てが、こうした湖を見下ろす立地にあるか?
となりますと、実はそうではありません。

オカナガン地方のワイン産地は大きく分けて3つの地域に分類されます。

ケロウナ地区
ペンティクトン地区 (ナラマタ、サマーランドを含む)
オリバー地区
オソユース地区

です。
このうち、オカナガン地区が見渡せるロケーションにあるのは、
ケロウナ地区とペンティクトン地区の2地区です。

さらに、近年、新しくオープンするワイナリーは、湖に面した斜面を確保できないため、
新しいワイナリーは、往々にして湖を見下ろす眺めを有していません。

そう考えると、オカナガン湖を絶景と言える角度で眺めることができるワイナリーというのは、
意外と少ないのです。

そんな中、このアローリーフからの眺めは絶景ですが、
ここにレストランカフェができるとなると、、、、

それはもう、見逃せない絶景のスポットになることは間違いありません。


505


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

作者紹介

 滝澤 修

Author: 滝澤 修
長野県千曲市出身
1999年にカナダに移住
バンクーバーとケロウナに両在住

初めてケロウナを訪れたのは
1991年6月のことでした。
そのとき、ケロウナのゴルフ環境
に魅了された私は、1999年から
ケロウナに移住し、ケロウナでゴル
フにどっぷり浸かる生活をスタート
しました。
カナダで一番恵まれたゴルフ天国の
町がケロウナです。ケロウナのゴル
フ環境を知り尽くしている私が、
日本から来られるゴルファーの方々
を直接ご案内しております。


滝澤の簡単自己紹介
長野で生まれ育ち、家業の廃業が人生の転機になった。1999年カナダBC州ケロウナに移住する。
起業してカナダ産ワインの輸出ビジネスを開始し日本にカナダのワインを広げる活動を行う。
2009年からケロウナとバンクーバーの二拠点生活をスタートする。夏はケロウナ、冬はバンクーバーが基本となる。
ゴルフを通して健康作り、コミュニケーション能力を養うプランを日本人向けにプランしてケロウナで実施する。
もっと多くの人に出逢い、刺激しあい、信頼しあえる関係を育める人生になるよう今もなお模索しながら実践中です。
滝澤のプロフィール

トピック一覧

ケロウナでの GOLF    (33)
ケロウナを楽しんだお客様 (17)
ケロウナに来てみませんか (35)
ケロウナの隠れた魅力   (42)
私のカナダ移住とは?   (18)
カナダ産ワイン      (46)
海外移住は正解なのか?  (95)
少しのコツ        (40)
愛犬物語         (75)

これまでの記事一覧

連絡先


kelowna
直営ケロウナ滞在プラン
wine
【わ いん@カナダ】直営店

訪問者数

著書紹介








高校野球ブログ

pro

高校野球評論家の私のブログ。

おすすめ著書

Facebook

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。